もとつけ、厳粛に【133杯目】

昨日は21日にご紹介しました「もとつけ」が行われました。
写真は厳かな雰囲気の中行われた神事の様子です。
あまりにも厳粛な雰囲気だったため、シャッターを押していいものかどうか迷いました。
何度もシャッターチャンスはあったのですが、
パシャパシャ、シャッターを押すと「ムードぶち壊しじゃーん」ということになってしまいます。
ですから一球入魂ならぬ、一押入魂です。

2001.11.23.jpg

私としては異常なくらい神妙な面持ちの杜氏の顔を取りたかったのですが、
やっぱり宮司さんの方が絵になると考え、苦渋の決断だったわけです。
このページを見て下さってる方にもこの方がイメージがわくと思います。
とりあえずこんな感じだったのです。しかし、久々に緊張する行事でした。

ようやく最後の一人が入蔵しまして、「蔵人紹介」のページ、完成いたしました。
総勢16人です。こう考えると五橋の蔵も結構な大所帯になっています。
「和醸良酒」という言葉があるようです。「和が良い酒を醸す」言葉そのままの意味ですが、
昨日の「もとつけ」の後の宴の雰囲気を見ると、今年も良い酒を醸してくれそうです。

五橋の酒が今年も良いものに仕上がるためにも、蔵人に励ましのメールをお願いします。
その気になって待ってるみたいですから、本当によろしくお願いいたします。

そう言えば今日は祝日だったようですが、仕事でした。
今日から3連休のようですが、私たちには関係ありません。
と言うわけで、いつもは更新をお休みする明日、土曜日も更新いたします。
皆様は3連休を楽しんでください。

PAGE TOP