私が遺産を残さない理由【132杯目】

「蔵人紹介」のページで拡大写真が現われるという試みをやったのですが、不評だったようです。
私としては不本意なのですが、削除しました。

また、蔵人にメールを送ることが出来るようにしたことについては、好評のようです。
励ましのメールやら、嫌がらせのメールなど、どしどし送ってください。

そう言えば、明日は「もとつけ」というイベントが行われます。
今年の酒つくりの成功と、蔵人の安全を願う神事だと理解していただければ分かりやすいと思います。
これだけ科学や技術が進歩した時代にあっても、
神様へのお祈りは欠かすことの出来ない大切な行事です。
神主さんに祝詞をあげていただいたあとは、
神様に供えたものを皆で分けるという宴が催されるわけです。
(実際にお供え物を分けるわけではありません)
と言うことで、おそらく明日は更新をお休みさせていただくことになるかと思います。

いつも内容充実の「今日の五橋」がこれだけではつまらないでしょうから、
酒とは関係ない、得意の雑談を一つ。
今日の新聞で見たのですが、あの美白の女王の遺産はなんと88億円だそうです!!
それを長女が相続されるようですが、相続税はビックリ55億円!!
半分以上も税金として納めなければならないんだそうです。
どうせ、税金納めてもプールされて交遊費に充てられたり、
お役人の小遣いに消えたりするのに・・・
そう考えると、税金払うのって馬鹿らしいですよね。

一般の会社では、経営が苦しくなると人件費の削減やコスト削減など支出を抑えるようになるんですけど、
国は「金を使えー!、公共投資を-!!」なんて相変わらず・・・
一人の相続人から55億円を巻き上げるより、
一つの国をまともに運営できない政治家さんや、
お役人さんの給料を巻き上げた方がお国のためではないでしょうか?
能力主義なんて言葉もありますから、働きに応じた給料にしないと税金はまさに無駄金です。

収入(歳入)が少なければ支出(歳出)を抑える。
こんなこと一般家庭の主婦でさえやってることなんですけどね。分からないんでしょうね。

「私は無駄に税金を使われないよう、
将来家族に100億円もの遺産を残すようなことは絶対にしない」と、ここに宣言します。

PAGE TOP