蔵元だよりテーマ募集してます。【148目】

年の瀬が近づきますと、「お歳暮」というものが世間を行き交います。(表現が変ですが)
不景気のあおりを受けて最近はお歳暮という社交辞令を止められる人も増えたようですが、
「やっぱりお世話になった人には何か形のある贈り物を」
ということでしょうか、こういう慣習はなくなりません。

少しでも相手に喜んでもらえるものを、ということなのでしょうか、
蔵元直送でのお歳暮のご注文を多くいただいております。ありがたいことです。
中にははるばる遠方より(県内ではありますが)足を運ばれる方もいらっしゃって、
「お歳暮にかける意気込み、ここに見たり!」という感じです。

ところで先日こういうお客様がいらっしゃったようです。
私は別の場所で仕事をしていたためご対応しなかったのですが、
どうやら「蔵元だより(DM版)」の愛(?)読者の方らしいです。
その方が言われるには、「毎月蔵元だよりを楽しく拝見させてもらっています。」と、ありがたいことです。
「でも、いつも酒の話ばかりだね」と、んー、酒屋ですから・・・
「酒の話ばかりじゃ、話のタネがすぐになくならんか心配しとるよ」と、ご心配ありがとうございます。

確かに、蔵元だよりは酒の話が中心になります。
五橋の本業が清酒製造業でなく、
服飾デザイン業であれば流行のファッションのお話とかもできるんでしょうが・・・
話のタネも本当に困っています。
「今日の五橋」みたいに思いつきで適当に書ければ苦労しないんですが、(苦労してますけど)
月に一回しか発行しませんけどあれで結構大変なんです。
「こういう話題をテーマにしたら?」なんていうご意見ご要望がございましたら、
こちらにメールください。よろしくお願いいたします。

PAGE TOP