五橋が給食に?【124杯目】

「商品紹介」のページに11月7日でお約束しました日本名門酒会用の純米酒と本醸造の写真をアップしました。
おそらく東京や大阪などをはじめとする山口県外の小売店様の店頭には、
このラベルのものが並べられていると思います。
ただ、この商品は日本名門酒会用ですから、
名門酒会に加盟されていない小売店様には通常の商品が置かれています。
あえて、五橋の商品があるかどうかという根本的なことについては触れません。

とは言いながらも今日は埼玉県のお客様から「周防豊穣」のお問い合わせがございまして、
今日早速発送させていただきました。
事務所の中では「何で周防豊穣を知っているんだろう?」と一同に首を傾げたりもしたわけです。
結構県外でも五橋を知ってらっしゃる方は、
知ってらっしゃるんだということで納得したつもりになっているわけですが、
お酒好きの方のパワーっていうのはすごいものです。ありがとうございました。

ところで、今日は面白い情報を入手しましたので一つご紹介を。
このページを読んでくださっている方には直接関係ございませんので、
「面白くないじゃないか!」と怒られそうですが・・・
岩国市内の某小学校の給食担当の方から今日お電話をいただきまして、
「うちの給食に五橋を使っているんだけど、原料米の産地はどこですか?」とのこと。
給食用に酒を使っているということは考えたことも無かったのですが、
まぁ、料理ですから酒を使うことについては別に不思議でもなんでもありません。
しかし、数ある酒の中で五橋を使ってくださっているとは・・・
大手メーカーさんの大容量パックとか、大手食品メーカーさんの料理酒とかは使ってないんだそうです。

教育は早めが肝心です。
五橋ファン予備軍の皆さん、しっかりお勉強頑張ってくださいね。(お酒の味の勉強ではありません)

給食に使っているというのは給食に酒がついているというわけではありません。
当たり前ですが、念のため。

PAGE TOP