偉そうに評論などを【79杯目】

9月でございます。
株価低迷にもいっそうの拍車がかかり、
ブラックマンデーならぬブラックセプテンバーの恐れも噂されるほど、
我が国の経済状況は低迷しているようです。
バブルのはじけ具合は予想以上に大きく、
実体の伴わない好景気に浮かれていた時代を懐かしむ・・・
秋はもの悲しい季節ですが、季節とは別の次元でのもの悲しさが日本全体を覆っているようです。

日本経済について語りたいことは山ほどありますが、これが精一杯ですので、やめておきましょう。

評論家と呼ばれる人は山ほどいますが、彼らは評論するだけで、具体論は語れません。
具体論のようなことを語っても、所詮机上の空論。
彼らの理論で日本経済が間違いなく立て直せるのであれば、
ぜひ政治家さんになって欲しいものです。

評論には責任が伴わない。だからこそ評論家なのであって、実践者ではないんですよね。
引退した元野球選手が、現役選手を解説するのと同じです。
自分はできないけど「理論的にはこうなんだ」ってことを言ってるわけです。
実践できれば引退なんかしないわけで、
できないからこそ評論(解説)をしているんです。

有言実行、不言実行、何か行動することに意味があるような気がします。(目的がないとダメですが)
有言無実行、不言無実行、同じやらないのなら、
黙っていてなにもやらない不言無実行のほうが害がなくていいんじゃないんでしょうか。

日本酒の話とも、五橋の話とも全く関係ない話を書いているようですが、
全く関係ないわけではありません。
五橋は有言実行。
地の米にこだわる。地の水にこだわる。地の人にこだわる。
そして、お客様の満足いただけるような地酒をお届けすることでしょう。

以上私からの評論(解説)でした。

PAGE TOP