トラタン村のイセヒカリ【43杯目】

最近は(も?)天気予報というのはなかなか当たらないようです。
今日は「バケツをひっくり返したような雨」が降るらしかったのですが、
おかげさまで外れました。
数年前に気象予報士なる資格が登場しました。
合格率が極めて低いということですが、
難関をくぐりぬけて合格しても予報が当たらないんじゃ今も昔も変わりません。

そんなことより、今日は契約栽培地トラタン村の様子をお届けいたします。
雨が降る中、「稲が心配だ」と様子を見に行った製造社員達。
夕方には満足げな顔で帰ってきました。何があったのでしょうか?答えは簡単です。

左の写真をご覧いただければイセヒカリのすくすく育つ様子がお分かりになるでしょう。
この様子をみて、製造社員達は満足げな表情で帰ってきたのです。(たぶん)
2001.7.6.jpg

PAGE TOP