日本酒は三段仕込み【11杯目】

夏仕込みの生酒は今日はいわゆる「踊り」の状態ですので特別変化はありません。
「踊り」とは「初添え」、「中添え」、「留め添え」の三段仕込みの「初添え」と「中添え」の間のことをさします。
酒の元になる酒母に蒸米と麹米を三段で仕込むわけですが、
いきなりたくさんの蒸米と麹米を仕込んでしまうと、
もろみ中の酵母と酸度が急激に薄まり、雑菌が繁殖する恐れがありますので、
「踊り」で一日仕込みを休んでゆっくり酵母を増殖させようというわけです。
この三段仕込みは科学的な裏づけのない江戸期にすでに始まっていたといわれ、いまさらながら先人の知恵には驚かされます。

夏仕込みの生酒と同時に「花ならつぼみ」の仕込みも行われました。
夏だというのに仕込み真っ盛りです。

ついでに、発泡純米酒「SHUAWA」もしぼっています。
週末には瓶詰が予定されています。
品切れをおこしませんよう頑張っています。
9日に瓶詰した1500本は今月末か来月頭には出荷できそうです。
お待たせしています。申し訳ございません。

PAGE TOP