1. TOP
  2. 蔵元だより

蔵元だより

蔵元だより

其の89 R瓶が環境保護に資するのでアール~「MOTTAINAI」から始めよう~

 経済産業省を含むリサイクル関係8府省は、毎年10月を「3R(スリーアール)推進月間」(リデュース・リユース・リサイクル推進月間)と定め、循環型社会形成の推進を図っています。
 3Rとは
・「Reduce(リデュース)」: 資源の無駄遣いをなくし、ごみを減らす
・「Reuse(リユース)」: 一度使用された製品を再使用する
・「Recycle(リサイクル)」: 資源を再生利用する

この三つのことをいいます。

 「リサイクル」は聞く機会も多く、なじみのある言葉ではありますが、循環型社会形成推進基本法ではリサイクルはリデュースやリユースより下位に位置づけられています。
 それは「大量生産→大量消費→大量リサイクル」の流れは、環境負荷の低減には結びつかないどころか、環境負荷を大きくしてしまう可能性が高いからなのです。リサイクルは回収した製品をいったん原料に戻すため、再製品化の過程で多くのエネルギーを使います。

 例えばペットボトルをリサイクルするためには7倍の資源を使わなければならないという試算もあります。それが理由なのか、せっかく自治体や事業所等で回収したペットボトルの多くはリサイクルに回されず、焼却処分されているのだとのレポートも見受けられます。
 しかしガラス瓶となると話は別です。一升瓶やビール瓶のようないわゆるリターナブル瓶(以下、R瓶)はそのまま洗浄してリユースされますが、ワンウェイ瓶は破砕(カレット)され、リサイクルに回されます。カレットはガラス原料からガラスを製造するよりも材料としての純度が安定していて、より少ないエネルギー量で瓶に加工できるといわれています。

kura2012a_3.jpg

 確かにガラス瓶は重いし、破損の恐れもあります。また、複数回使用すれば瓶の表面に擦り傷が入り、見た目が悪いということもあるでしょう。しかし利便性の追及や潔癖症が、現在騒がれている地球温暖化や資源の枯渇の一因であることも否定できません。奇麗事であることを承知で言えば、重いガラス瓶を運ぶのも、割れやすいガラス瓶を注意して取り扱うのも、地球を守る行為なのです。

 「飲料容器のリターナブル化による地球温暖化防止効果の試算報告書」(平成12年3月(財)日本環境協会(環境庁委託調査))によると、「国内に流通する飲料容器すべてをR瓶に変えると、二酸化炭素の年間排出量は約135万8千トンから約58万3千トンに減り、すべてをペットボトルにすると逆に約150万トンに増えるそうです。また、廃棄物として埋め立てられた飲料容器は98年が約140万トン。すべてをR瓶にすると10分の1の15万トンに減り、廃棄物の処理費用に換算すると1500億円節約できるということです。
 資料が古いため現状を表しているわけではありませんが、この資料が発表されてからの10余年で容器のワンウェイ化はさらに進んでいることから、環境悪化や処理費用の増加は想像に難くないところです。

 日本はR瓶に関する実績が豊富な国であり、優れたシステムも整備されています。しかしライフスタイルの変化や利便性(軽い・破損しにくい・飲みかけでも蓋をすることで持ち運びができるなど)の高さが優先されるようになっているのが現状です。回収・再使用の形態は崩れ、本来ならば優先されるのが望ましいリユース方式が衰退し、ワンウェイ容器のリサイクルばかりが推奨される状態になっているのです。
 環境先進国では、ワンウェイ容器からR容器への移行が進み、法制度で保護されるまで進展しているそうです。我が国の江戸時代の生活は、現代でいうリサイクル社会だったと言われています。

 経済発展を遂げたことで、物を大事に使う江戸文化は廃れてしまったようですが、世界に広がる「MOTTAINAI」運動。この元になった言葉は言うまでもなく日本語の「もったいない」です。
 使い捨て文化と呼ばれる現代の日本社会ではありますが、「もったいない」の精神をいま一度見直すことが必要かもしれません。循環型社会の形成を推進するためのキーワードになるかもしれないのですから。

・リターナブル瓶(R瓶):一升瓶、R-300ml瓶など洗浄して再使用(リユース)すること ができる瓶。再使用することで容器の製造にかかる環境負荷を低減。
・ワンウェイ瓶:使用後に破砕され、カレットとしてガラス資源となり、再利用(リサイクル)される瓶。ゴミとして廃棄されることも。
・カレット:ガラス原料として使用される瓶屑、ガラス屑全般
  ※ワンウェイ瓶のシェアは増大しており、ガラス瓶のうち全体で7割強を占めています。

(編集 大下勝己)

kura2012a_2.jpg

 弊社では平成12年より「五橋 本醸造生酒300ml」の瓶にR瓶を採用しています。この形状の瓶は酒販店や料飲店などでも比較的よく見かける瓶でしょう。しかし、同じ形状でもR瓶とそうでなkura2012a_5.jpgいものとがあるのです。この「R」マークこそがリターナブル瓶であることの証。
 しかし、ただR瓶を採用しただけでは循環型社会は形成されません。出荷→使用→回収→再使用のサイクルが必要なのです。
 新しい流れを作るためには皆様のご協力が不可欠です。どうぞR瓶の回収にご協力いただきますようお願い申し上げます。

 
 山口酒は地球にやさしい?
「やまぐちの酒」地域循環型回収システム運用開始

日本酒造組合中央会の「規格統一R瓶の回収システムの構築事業」のモデル地域として山口県が選定されたことに伴い、山口県酒造組合では、300mlR瓶用P箱を新規に導入することになりました。
 このP箱を利用して、県内16の蔵元が300mlR瓶の再使用(リユース)に

kura2012a_1.jpg

取り組みます。瓶のリユースを積極的に推進することにより、酒造りを通じてゴミの削減や環境負荷の低減に資することができると考えております。 300mlR瓶の出荷及び利用後の回収にP箱を利用することにより、空き瓶の回収が容易になり、環境負荷低下の要である使用済瓶の回収率が向上することを期待しています。
 山口県の酒蔵は地球環境にやさしい!!
皆様も回収にご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

五橋のパックはリサイクルに対応しています(´ー`)ノ

 日本酒といえば一升瓶・・・だったのですが、最近ではパック詰め清酒が店頭にずらりと陳列されている光景も当たり前になりました。パック詰め商品は瓶詰め商品と比べて軽く、破損の心配がない。また、冷蔵庫のドアポケットに収まるなど、その利便性が人気のようです。

kura2012a_4.jpg

 しかし、清酒用パックの多くはその内側にアルミが貼り付けられているためにリサイクルできず、不燃性ゴミとして廃棄されてしまうのがほとんどです。
 弊社がリサイクル対応のパック容器を導入したのが平成11年のことでした。全国的にも早い段階での導入だったと記憶しています。
 21世紀は環境の世紀。大量生産、大量廃棄の時代ではありません。瓶のようにリユースすることができない容器はリサイクルに対応する。地味で目立たない行動ですが、少しだけ環境保護を意識しています。

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより