1. TOP
  2. 蔵元だより

蔵元だより

蔵元だより

其の32 五橋 第1回酒肴三昧開催

さる4月20日、岩国国際観光ホテルにおいて「五橋 第1回酒肴三昧」が開催されました。このイベントは「日本文化を愛でながら、自慢の酒器に酒酌んで、春の名残に酒肴三昧」のテーマのもと、落語、そば、日本酒という日本ならではの文化を味わおうという趣旨で行われました。会は二部制で第一部に落語、第二部は会食及びそば打ち実演、あっという間の2時間30分でした。どのような内容の会だったのか、もう少し具体的にお話いたしましょう。17時30分の開場に合わせて定員を若干オーバーした110名の参加者の方が受付を済まされます。いよいよ開会、社長の挨拶と鏡開きで幕をあけます。第一部は落語、登場するのは入船亭扇遊さん。入船亭扇遊さんは昭和61年に真打に昇進、花形新人演芸会新人賞金賞、NHK落語コンクール優秀賞などの受賞歴を持つ実力派です。軽快でテンポの良い噺に会場は笑いの渦に巻き込まれ、巧みな話術には会場全体が引き込まれました。大喝采の中で幕は下り、第一部終了です。

続く第二部は会食及びそば打ち実演。そば打ち実演にご協力いただいたのは、こだわりのそば屋「蕎麦工房一心房」さん。自らが経営する農場で栽培したそばを自らひいて、自らそばを打つというこだわりよう。さらに、「小麦粉は上手に使わないとそばの味が損なわれる」という信条からそば粉だけで打つ十割そば。会場の一角でそば打ちの実演が行われましたが、そば打ちの妙技には人だかりが出来るほどの盛況ぶりでした。そして、「ひきたて、うちたて、ゆがきたて」のいわゆる3たてのそばの味は、舌の肥えた参加者を唸らせるものでした。

会場に用意された酒は大吟醸から本醸造まで15アイテム。古酒や江戸時代の造りを再現した酒など、普段口にする機会の少ない商品も参加者の興味をひいたようでした。しかし、なんといっても一番人気はやはり大吟醸。次から次と瓶が空いていく様は圧巻でした。これらの酒は参加者の方にご持参いただいた酒器で楽しんでいただいたわけですが、酒器談義にも花が咲いていたようです。

一般のお客様と接する機会の少ない私たちにとっては、今回のお客様の顔と声に直接触れられたことは何よりの勉強となりました。今回の会を機に、いっそうの努力をしてまいりますので宜しくお願いいたします。また第二回酒肴三昧が開催されます際には宜しくお願いいたします。

ゴルファーに朗報?

3月20日の日本経済新聞に「ウッズ初勝利、日本酒での気分転換奏功」との見出しが躍りました。「(略)タイガー・ウッズがついに今季初優勝を果たした。(略)今までにない気分転換が効いた、と話題になっている。初日71で35位と出遅れ、報道陣に一言もしゃべらずコースを去ったその夜、親友のマーク・オメーラと共に飲んだ日本酒だ。ウッズはツアー参戦中は禁欲的な生活を続け、アルコールは一切口にしないといわれる。しかし、そのパターンを破る適度な飲酒が気分をリラックスさせたのか、2日目以降は60台のスコアを続けた。」(日本経済新聞・3月20日より抜粋)

ご存知の通りタイガーウッズ選手は4月のマスターズ・トーナメントでも優勝し、史上初のメジャー大会4連勝の偉業を達成しています。ウッズ選手が飲んだ日本酒は残念ながら五橋ではないでしょうが、今期は不調のままスタートしたタイガー・ウッズ選手が日本酒で気分転換が図れ、調子を取り戻したというのはなんともうれしいニュースです。  スランプに悩んでいるゴルファーには朗報です。スランプ脱出は日本酒で?

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより