1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 酒造り日記
  4. 酒造り日記: 2009年2月

酒造り日記

酒造り日記

続・吟醸造り

2009年2月25日(水)

前回予告した通り、吟醸造りの続きをお伝えしようと思います!

早朝深夜に亘って麹が無事出来上がると、次は仕込みです。
同じように「抜けがけ」で蒸したお米は、一枚一枚金網の上に広げ、冬の朝の冷たい空気によって冷やします。

IMG_1789.JPG

ちなみに、このことが、昔は夏に酒造りが出来ない理由の一つでもあったわけです・・・夏の暑い空気では米が冷めてくれませんので。(現在は蔵によっては冷房設備を導入し、夏でも酒造りが可能になっています)
 

こうして仕込みまでを終えた「モロミ」は、ここから約1ヶ月もの長い時間をかけて低温でゆっくりと発酵させていきます。
毎日、杜氏がモロミとにらめっこしながら、分析値と香味を確かめ、上槽(搾り)のときを待ち・・・

まさに今日、最後の大吟醸を搾り終わりました!!!

IMG_1826.JPG 

写真はその時の「袋吊り」という搾りの様子です。(その名の通り、モロミを袋に入れ、吊っている状態)
杜氏の号令の下、蔵人が全員参加で行う、失敗の許されない作業です!

・・・と、非常に簡単ではございますが、吟醸造り日記でした。
造れる時期も限られている上に、実際には、ここに書いた以上の手間をかけて造らせていただいているわけで、大量生産できない特別なお酒なのです(^-^)

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより