1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 米作り日記

米作り日記

米作り日記

トラタン村~圃場成育状況確認

2011年8月 3日(水)

P1120734.JPG昨日の事ですが
トラタン村の山田錦の圃場の生育状況確認に行ってきました。

 

 

いつもお世話になっております、肥料会社の土網商店さんに
毎年この時期(幼穂形成期)に圃場の診断を行っていただいています。

1つ1つ圃場を診断していただき
これからの追肥管理や水管理の指導を受けます。

私のような素人にはどの圃場を見ても同じように見えるのですが
稲の高さ、茎の太さ、株の張り具合、病害虫の影響はないか等々診断していき、稲の根元をカッターで切り裂き幼穂の長さを確認して出穂時期を探るのです。P1120740.JPGP1120735.JPGP1120741.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年はいまのところ、どの圃場も順調に成育いているようで、安心しました。
性質の良い山田錦が収穫できる事と思います。

 

視察の中で、専務が見つけたんですが、
これ!?何かご存知でしょうか?

P1120736.JPG



 

 

 

 

 

 

 

実はこれ!

『じゃんぼタニシ』の卵ですって!

色鮮やかで、いくらのような・・・!長さ5~6cm、私のかわいい小指程の大きさでしたが(笑)

うまそ~^^;でしょ?

実際に卵もタニシも食用出来るようですが、私は遠慮します・・・(笑)

 

放置しておくと大繁殖して稲を食い荒らすそうで、非常に厄介者らしです
 
卵を産みつけたであろう、親の『じゃんぼタニシ』の存在は確認できませんでしたが

どのぐらい?ジャンボなんだ!!(爆)

 

梅雨の中休みに・・・

2011年6月24日(金)

 トラタン村、森重圃場、紫蘇農園の成育状況を確認してきました。

 トラタン村のトラタン塾の田植えをしたのが6月5日(日)でしたが
あれから約20日経過しました。
P1010507_R.jpg
 

 

(手植えされた所のアップ画像)

 


 

 

 

 

現在のトラタン塾圃場、稲の状態です。

 P1010508_R.jpg

 

(畦の草がのびのびと生長しています><!、ぼちぼち草刈に出動いたします。汗;)


 

 



手前が皆さん塾生が手植えをされた場所になります。
画像奥側が約1週間前に機械(田植え機)で植えつけた場所になりますが、緑の絨毯のように茂っています。
成育状況が1週間違うとでこんなに差があるんですね、びっくりデス。

また、手植え(画像手前)されたところは面積における植え付け本数(カブ)が少なく少々寂しい感じもしますが、株と株との間が広いことによって稲の受光態勢と風通しが良くなり、隣同士て葉茎がふれあわないため、病害虫にも強くたくましい稲に育ちます。
稲の本来持っている生命力が丈夫な太い茎を作り、大きな穂を育てるようです。

今の時期は田んぼの水を少なめに管理し
稲の分けつを促します。
とはいっても連日の雨で圃場はプールのようになみなみと水が張られていました^^;


伊陸に行く前に
副杜氏、森重紫蘇農園の草刈&森重圃場にも寄っています。

P1010494_R.jpg


 到着したときには既に森重副杜氏のおふくろさんが作業にあたっていました。感謝^m^)
(画像右側:土が黒く見えますが既に草抜きが終わった事が確認できます。紫蘇の周りに草が少ないのは、糠をまいており肥やしにもなり、除草効果もあったことが確認できました。)





 綺麗に草を抜いた後は、畝と畝の間に藁を敷いて除草効果を期待します^^。
A111_R.jpg



 




こんなに!?大きくなりました。P1010498_R.jpg

 

田植えの時期になりました

2011年6月 2日(木)

SN3A1432_R.jpg

















昨日、森重(副杜氏)圃場で田植えをしてきました。
朝まで降り続いた雨は田植えが始まると同時にあがり
うす曇ではありますが絶好の田植え日和といえるでしょう^^

今回は『日本晴』と『ひのひかり』(日本晴は今年秋には五橋の酒造用として使用します)の田植えでしたが、
来週末には酒米『山田錦』の田植えを行う予定です。
1年ぶりに田植え機に乗り操作しましたが、やっぱり難しいです。
ある意味、酒造より!?緊張します^^;

どこから圃場に田植え機を入れ、どこから植えつけて、どこから田植え機を圃場から出す
当たり前の事ですが、なかなか頭を使うわけです(^m^)
稲を植えつけた後、田植え機で踏みつけて行っては意味がありませんから。
一文字で書くようにルートを考えます。
機械の操作だけで、楽なんじゃ!と思いではないですか?
・・・大間違いです(笑)

植えた後がくねくね曲がっていたんじゃ見栄えが悪いでしょ、
真っ直ぐ一直線になるように
視線はなるべく遠くに置き、慎重に田植え機を進めます。

ですが時々
植えつけた後(きちんと稲が植えつけられているか?)が気になりますので
一瞬ですが後ろに振り向き植えつけた後を確認しますが、その一瞬が命取りなんです(苦笑)

わずかに視線を後ろにするだけですが、微妙にハンドル捌きに変化があるのでしょうね・・・
振り向いた所で曲がっているのです、
ですからなるべく振り返る事はせず、前に前に進むのです。
そこで重要になるのが耳です・・・(米作りにも五感を働かせます!)
田植え機の機械音を聞き分け、植えつけて入るか否か判断するわけです・・・(決して大げさではありません!?)

あまり後ろを振り返りませんので
あちゃ~欠株しとった~って事は、よくあることで(爆)
まぁ~株間が空いて風通しが良くなったなぁ~てな程度であまり気にしません。

てな具合で、約半日かけ『日本晴』『ひのひかり』あわせて5反5畝、田植えを完了しました。



圃場の隣の畑では

大きくなっていました、赤紫蘇が!!

4/20 種をまきまして
5/17P1010047_R.jpg ポットから畑に移植(5/17撮影)
P1010045_R.jpg









昨日6/1 半月ほどですがたくましくなってきました。(6/1撮影)
SN3A1431_R.jpgSN3A1430_R.jpg









畑に移植後
ほぼ!ほったらかしですが・・・汗;
近日中には追肥の予定です。
                                                      (仲間 史彦)
 

 

稲刈り

2009年10月 9日(金)

IMG_3094.JPG
 
副杜氏、森重さんの田んぼも今日、稲刈りを迎えました。
最後の最後に台風が接近してきて、どうなることかと心配しておりましたが、幸い山口県は大きな被害が出ることもなく、稲のほうも特に問題はないようでした。

IMG_3100.JPG

これまでの成績は「二等」、「一等」、「一等」・・・とくれば、今年はもう「特等」しか残っておりません!!!
山田錦は晩生ですので、心配されていた日照不足の影響もなさそうで、ますます期待は膨らみます!

 

山田錦 生育状況

2009年9月25日(金)

 トラタン村と、副杜氏、森重さんの田んぼの生育状況です。

IMG_3020.JPGのサムネール画像 IMG_3019.JPGのサムネール画像


写真2枚目、向かって右側が山田錦。左側がイセヒカリです。
比べて見れば一目瞭然!!!山田錦は晩生なので、イセヒカリに比べてまだ緑色が目立ちます。
イセヒカリはあと1週間、山田錦はあと2~3週間で収穫となりそうです。

穂肥え

2008年8月 4日(月)

日記は更新されておりませんでしたが、蔵人による米作りも続いております!
一昨年が「二等」、昨年が「一等」ということで、年々レベルアップしている米作り・・・今年は目指せ「特等」なのです
皆さんにお伝えしないまま、育苗が済み、田植えが済み、草取りが済み・・・と、進んでいまして、
今日は「穂肥え」という、稲穂のための肥料を撒く作業でした。
 

IMG_1505.JPG

写真のように腕を上げて肥料を田んぼの中のほうにも飛ばすのですが、ずっと腕を上げているというのは
意外に辛く、毎年、時間の経過と共に腕が下がっていきます(^^;)
しかし、森重さん曰く、この穂肥えが一番重要だということで、今年は気合を入れ直してしっかりと撒くことができ(たハズ。)ました!

今回の肥料のやり方の是非で、あと約3週間後に出てくる穂の状態が変わるため、これから楽しみでもあり、緊張の日々となりそうです。

等級検査(883日目)

2007年10月25日(木)


komedukuri20061025conv00031.jpg komedukuri20061025conv00021.jpg 

等級検査の日がやって来ました。この約五ヶ月間の努力に対して結果が出されました。


二等です。


今年の山田錦は不作で三等、等外が多い中での二等という事は大健闘、米作り三年目、素人からプロへまた一歩近ずいたのではないでしょうか。

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより