1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋

今日の五橋

今日の五橋

驚きのレコード【886杯目】

2005年1月18日(火)

こ、こ、こ、こんなものが、この世に存在したとはーっ!
驚愕のアイテムを発見いたしました。
あわわわわわわわわー。

見てはいけないものを見てしまったような、そんな気分です。
知らなければよかった・・・
知らぬが仏とはこのことなのか・・・
なぜ神は私にこのような苦悩をお与えになるのか・・・

問題のアイテムとはこちら。

小さい画像ではわかりにくいでしょうが、あえて大きな画像は載せません。
サムネイルにして大きな画像が見られるように、とも考えたのですがやめました。
あまりにも衝撃が大きすぎるとの判断からの行為ですので、あしからずご了承ください。

レコードですよ。レコード。
事務所の若い女子社員に言わせると、「歴史の教科書で見たことがあります」とのこと。(そんなわけないです)
私もレコードを見たのは何年振りでしょうか?
中学校の頃にはすでにCDでした(もちろんレコードもまだ存在していました)から、
20年は見てない代物じゃないでしょうか?
ぬぬぬぬぬー。

ただのレコードであればここまで驚きはいたしません。
そのタイトルをご覧ください。(読めますかねぇ?)
「清酒のうた」「清酒音ど」(←なぜか「ど」はひらがな)、「清酒ジングル」の3曲。
「清酒音ど」に関しては、「唄 五月みどり」とあります。
私でも知ってる有名人!
他の曲の歌手ももしかしたら名だたる有名歌手なのかもしれませんが、
残念ながら私は存じておりません。

で、問題は各曲の歌い出しのところです。
「清酒のうた」は♪お酒、お酒、お酒は清酒~
「清酒音ど」は♪お酒、お酒は清酒~
「清酒ジングル」は♪お酒、お酒、お酒、お酒は清酒~
どーなってるの?こりゃ?
よくよく見てみると作詞者は3曲とも同じじゃありませんか。
うーん・・・

歌詞を全部ご披露したいくらいのすばらしいものなのですが、それはやめておきましょう。
それはしてはいけないことのような気がするのです。
ただ、時代を感じさせるのは間違いない。
ご丁寧に楽譜まで付いていますので、いつかピアノで弾けるように・・・とは思いません。
鼻唄でふふふーんとやれるようになったら一人前でしょうか?
もし、町で「清酒のうた」を口ずさんでる男がいたら間違いなく私です。そのときは一声おかけくださいませ。
歌詞カードのコピーを差し上げます。
グイ、グイ、グイのグイーグイっと。
(こんな終わり方でよかったのでしょうか?)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 驚きのレコード【886杯目】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gokyo-sake.co.jp/mt/mt-tb.cgi/987

コメントする




バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五(five)とは

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより