1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋

今日の五橋

今日の五橋

ミョクミョクした気持で【818杯目】

2004年9月30日(木)

28日の中秋の名月、十五夜お月さんで月見酒を楽しみにされていた方の多くは、
残念ながらその夢はかなわなかった方が多いことでしょう。
以前「月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月」なんて書きましたが、
この月、つまり9月はまさに月のための月なのです。

先日の日経新聞の「春秋」欄に面白い記事が載ってましたので、
引用しながらご紹介させていただきます。

しかし、雲に隠れた名月でも、どこかほの明るく見えるのを「無月」と呼んで尊ぶのが、この国のならい。
雨に降り込められて姿を見せない名月には「雨月」の名をつけて、その薄明かりの神秘的な風情を味わう。
十五夜がだめなら、その翌日の十六夜(いざよい)に、ためらいがちに出る月を待つのが風流の道。
十六夜が雨でも、次の夜の立待月(たちまちづき)に期待し、
それも姿を見せなければ、翌日はずっと居待月(いまちづき)。
さらに次の日は床に入ってからも月を待つ臥待月(ふしまちづき)、
そして名月から5日目には深更まで更待月(ふけまちづき)。
なんとも辛抱強く月を待つ。
(データソースは9月29日の日経新聞「春秋欄」)

いかがですか?これ?
私は久しぶりにミョクミョクしながら(意味不明)新聞を読みましたよ。
まぁ、なんとすばらしいじゃありませんか。
上の文章からすると、今日は十五夜の翌々日ですから、立待月(たちまちづき)になるんでしょうか。
中秋の名月での月見が楽しめなかった皆様、立待月を肴に清酒五橋で乾杯してください。

 昨日あんな面白い記事を読んだ矢先ですが、
21号台風が通った後に大きな虹が出ていました。
私の心に訴えかけるような美しい虹だったものですから、ついパシャリと。

虹が大きすぎて全体が写ってませんがそれはご勘弁を。
最近なかなか虹を見る機会はありませんでしたが、いやぁ本当に美しい。

立待虹、居待虹、臥待虹、更待虹なんていう言葉はありませんが、辛抱強く虹を待てば、
またこんな虹に出会えるのでしょうか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ミョクミョクした気持で【818杯目】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gokyo-sake.co.jp/mt/mt-tb.cgi/919

コメントする




バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五(five)とは

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより