1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋

今日の五橋

今日の五橋

氷室亀山神社【589杯目】

2003年10月30日(木)

昨日トラタン村で山田錦の等級検査があったお話はいたしました。
検査間が真剣なまなざしで米の検査をしているときに、私は失礼と思いながら伊陸探索をしていました。
ほんの20分ばかりです。
もっとも、私一人でそんな勝手な行動をするわけもなく、
社長と同行ですからいいんです。

15.1030.jpgで、なぜ伊陸探索をしたかといいますと、はいこれです。
伊陸にある「氷室亀山神社」。
よーく見て下さい。
この看板の冒頭にある「木花咲耶姫(このはなさくやひめのみこと)」の文字!
彼女は日本書紀によれば最初に米から酒を造った方なのだとか。
なので、酒解神(さかとけのかみ)として祀られているわけであります。

と、同時に安産の神としても祀られています。
これは彼女が三人の皇子をもうけたときのエピソードに由来するわけですが、
ちょこっとだけ文献を引っ張ってみましたら(ネットでちょこっとだけ)まぁ、すばらしいお話。

で、結局何が言いたいかといいますと、五橋が山田錦の契約栽培をしているトラタン村は酒と深い関わりがあったのだということ。
氷室亀山神社自体は安産の社となっておりますが、
木花咲耶姫のご加護はきっとトラタン村産山田錦と清酒五橋にはあるのだと信じております。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 氷室亀山神社【589杯目】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gokyo-sake.co.jp/mt/mt-tb.cgi/689

コメントする




バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五(five)とは

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより