1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋

今日の五橋

今日の五橋

五橋を楽しむ会は本当に凄そうです【1263杯目】

2006年8月30日(水)

夏休みも残すところ、あと2日。
はーっはっはっはっは。
「ざまあご覧くださいませ。」ってなもんです。(ちょっと丁寧に言ってみました)
まあ、こんなこと書いても夏休みを謳歌している方達のほとんどは、
飲酒年齢に達していない児童や生徒、学生さん達ですけど。

私も幼稚園から数えると、18回を数える夏休みを経験してきたわけですが、
その有意義な時間をなんと無駄に過ごしてきたことか・・・
今さらあの頃に戻れるわけもなく、過ぎ去った時間の大切さを一人思うわけであります。

私と同じ心境の人も少なくないと思います。
若かったあの頃に時間を無駄にすごしてきたと思うからこそ、
これからは少しでも時間を大切にすごしていかなければならないと。
そう、過ぎ去った時間はもう戻らないのですから・・・

などと感傷に浸っている貴方に朗報です。
といっても既報でありますが。
来る9月29日、山口市湯田温泉のホテル松政において、
「五橋を楽しむ会 IN 山口」が開催されますでしょ?
これって参加しないと、夏休みを無駄に過ごして後悔した気持ちと同じ気持ちを味わうことになるような気がしませんか?

日本酒の日である10月1日を目前に開催されるこの会は、まさに大人のお楽しみ。
夏休みという至福の時を奪われた大人だけに許される楽しい会なのでありますよ。

「五橋を楽しむ」の名に恥じない五橋の(ほぼ)全商品を楽しむことができ、
豪快な作り方、そして繊細な味わいの岩国寿司を目と舌で楽しみ、
力強い岩国太鼓の演舞を耳と体で感じる。
五感を総動員して楽しむ会、それがこの「五橋を楽しむ会 IN 山口」なのであります。
「五橋は五感で楽しむ」って、かなり無理やり持っていっちゃいましたが、
ホントそれだけのエネルギーあふれる会になる(はず)のです。

おかげさまで少しずつお申し込みをいただいております。
割と余裕を持って設定した150人という最大参加者数でありながら、
今日お申し込みをいただいた方からは「はよう申し込まんと、150人なんかすぐじゃろうが!」と。

ありがたいお言葉ですが、少々買いかぶり・・・いえいえ、そんなことはございません。
何度も書いているように初めての試みですので、集客数が全く読めません。
その方法もやや手探りぎみでして、とにかく露出を高めて認知度を上げる作戦を取っています。
テレビ、ラジオ、店頭広告、新聞広告等々。
これが吉とでるやら、凶とでるやら。
地元開催の酒肴三昧ではお断りをする例も数多くあります。
初めての出張酒の会ですから、出来ればお断りはしたくない。
だけど会場のキャパシティやら、岩国寿司を作るに当たっての物理的限界やら、大人の事情がありまして・・・

開催までちょうど1ヶ月となりました。
順調なお申し込みをいただいてはおりますが、私のガラスの胃に穴が開かないように、
なるべく早い段階で締め切らせていただければ幸せるなあと。
当日点滴を打ちながらスタッフ参加している私がいれば、「あー、ギリギリだったな。」と。
笑顔の私がいれば「あー、不安が募りすぎて気がふれたんだな。」と。
ん?どっちにしても私は満足な状態では参加できないってこと?
うーん、こんな会を企画したのがいけなかったんでしょうか?自業自得ってやつですな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 五橋を楽しむ会は本当に凄そうです【1263杯目】

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.gokyo-sake.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1368

コメントする




バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五(five)とは

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより