1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2012年7月

今日の五橋

今日の五橋

「大吟醸 西都の雫」完売いたしました【1583杯目】

2012年7月24日(火)

平成23酒造年度全国新酒鑑評会金賞受賞酒「五橋 大吟醸 西都の雫」は今期分、完売いたしました。

昨年より4ヶ月ほど早い完売のご案内となります。

大変なご迷惑をおかけいたしますが、事情ご賢察の上、ご了承くださいませ。

(業務部 大下勝己)

平成24年呑み切り【1582杯目】

2012年7月19日(木)

20120719.jpg

本日は広島国税局、山口県産業技術センターの先生方をお招きしての呑み切りです。

平成23酒造年度製造のタンク貯蔵している酒と、
一般市販酒を聞き酒して熟成具合や品質を確認します。

33種類のタンク貯蔵酒と14の市販酒【五橋の全アイテムではありません】等を利き酒です。

写真は利き酒中に撮ったものですので、講評とかは聞けてません。
高評価をいただけるものと期待してのアップです。

(業務部 大下勝己)

「純米吟醸 錦上花」販売再開【1581杯目】

2012年7月11日(水)

kinjouka0711.jpg

タイトルどおりではありますが、「純米吟醸 錦上花」の販売を再開いたしますので、ご案内申し上げます。

同商品は平成22年3月末で終売となっておりましたが、終売当初より惜しむ声が多く聞かれていたのですが、断腸の思いで終売に。
しかし、最近になって販売の再開を望む声が多く寄せられるようになったのが今回の販売再開の経緯です。

 山口県産の山田錦を原料米に全量使用した、上品な吟醸香となめらかで抵抗なくスイスイ入る軽快な口当たりが特徴のお酒です。

「錦上花」の書は小林東五先生によるものです。
下に略歴を列挙します。

小林東五 1935(昭和10)年生

小林全鼎(雲道人)の長男として京都に誕生。
父に師事して漢籍、書道、篆刻を学ぶ。
1973(昭和48)年、渡韓して高麗陶磁を制作
1981(昭和56)年、長崎県対馬に對州窯を築窯
古稀をもって陶芸活動を終了した後は文人として生活されています。
井戸、粉引、三島、刷毛目といった李朝陶磁を継承する第一人者であり、
多くの名品は蒐集家の垂涎の的とされています。

(業務部 大下勝己)

五橋を少々・・・【1580杯目】

2012年7月11日(水)

20120711.jpg

ひょんなことから、こんな新聞を発見いたしました。

昭和53年1月9日の中国新聞(夕刊)です。
『酒』というコラムの中で五橋が取り上げられております。

この画像では読みにくいかもしれませんので、
冒頭の部分だけ抜粋します。
 

(以下、抜粋)
=======================
38年の山口国体ご出席のため防長入りされた皇太子さまに、
お宿で随行記者団の1人が尋ねた。ぶしつけな質問だったのか、
お返事がいただけない。おつきの宮内庁記者クラブ代表が同じ質問をことばを変えて尋ねた。
「殿下、昨夜ご酒はなにをお召しになられましたか」と。
さわやかなおこたえであった。

「五橋を少々・・・」

==============================================


ムフフフフフ

(業務部 大下勝己)

卓球はピンポン?【1579杯目】

2012年7月 8日(日)

 どうでもいいタイトルのようですが、どうでもよくないのです。
突然頭に思い付きました。
卓球は「table tennis」なのに、なんで「ピンポン」って言うんだろうと?

ネットで調べてみると次のように書いてあります。
『卓球は英語では「table tennis」ですが「ping-pong」とは卓球用品の登録商標で、圧倒的なシェアを誇ったため「ping-pong」が「table tennis」の代名詞となったようです。』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q134894943

すごいことですよね。
スポーツの名前が代名詞で呼ばれるんですよ。

インスタントカメラは「ポラロイド」。
トラックについているクレーンは「ユニック」。
コピーを取ることを「ゼロックスする」(人生の先輩が使われます^^;)

商品名やメーカー名がその物自体を表すような現象って、すごすぎますよね。
上の例で言うと、キャノンのコピー機でコピーする時にも「ゼロックスしとって」って言うわけですよ。
「タダノ」のユニックなんて言ったりするわけですよ。

例えば日本酒のことを「五橋」って呼ぶようになった場合に、
月桂冠を飲みながら、「おぉ~やっぱり五橋はうまいなぁ」と。
するとちょっと詳しい人が、「それは五橋じゃなくて月桂冠ですよ。」と。
でもよく分かってない人は「月桂冠の五橋だろ?」と。

あー、書いてて良く分からんことなってきました。

(業務部 大下勝己)

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより