1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2012年5月

今日の五橋

今日の五橋

全国新酒鑑評会【続々】【1573杯目】

2012年5月25日(金)

全国新酒鑑評会に関して^^

しつこいようですが、
金賞の受賞とは別のところで名誉なことがありましたので、ご紹介だけ。
 

20120525kan.jpg

全国新酒鑑評会の審査というのは、
予審、結審の2回に分けて行われます。

予審は1次審査ですね。
ここで入賞酒と非入賞酒に分かれます。
平たく言えば予選落ち。

で、予選に通ったお酒だけが結審で審査をされます。
この結審の審査員の1人が・・・

製造部の片山!弱冠26歳。

この審査員というのは、日本酒造組合中央会の推薦を受けた清酒製造者や国税庁の鑑定官室職員、酒類総合研究所職員などが努めるわけです。

そこに、片山がっ!
片山曰く、「他の審査員からチラチラ見られました^^;』なんて。
それはそうでしょうね。権威ある鑑評会の結審に若僧がいるわけですから。
どこのどいつだ?ッてなもんでしょう。

はっきり言いましょう!酒井酒造の片山です^^

(業務部 大下勝己)

全国新酒鑑評会【続】【1572杯目】

2012年5月25日(金)

5月18日に発表された全国新酒鑑評会の結果。
23日に行われた一般公開に参加した杜氏に資料を持って帰ってもらいました。

20120525.jpg

山口県では14場が出品をし、
その中で入賞した蔵が6場、
そのうち4場が金賞という結果です。

原料米は弊社が西都の雫で出品した以外は、
残り13場は山田錦。

また、14場中4場は純米大吟醸での出品ということです。

山口県の出品状況をご報告まで。

(業務部 大下勝己)

全国新酒鑑評会金賞受賞【1571杯目】

2012年5月23日(水)

5月18日に発表された全国新酒鑑評会で金賞を受賞いたしました。
昨年に続いて2年連続。
直近の10年間で、8回の受賞なんですって。
そのうち5回が「西都の雫」で受賞しています。

遅まきながらご案内まで。

5日経ってようやくの更新って・・・

(業務部 大下勝己)

トラタン塾、申し込みを締め切りました【1570杯目】

2012年5月17日(木)

6月3日開塾の感動体験「トラタン塾」は、好評につき塾生の募集を締め切らせていただきました。

たくさんの方のご応募をいただきましてありがとうございます。

(業務部 大下勝己)

「五橋 梅酒用」本日より発売です【1569杯目】

2012年5月 8日(火)

大変お待たせいたしました。
五橋 梅酒用」は本日より発売を開始いたします。

「自家製梅酒はホワイトリカーで作るもの。」
そんな過去の常識にとらわれていたのでは、
本当にご納得いただける梅酒に出会えることはないでしょう。

五橋 梅酒用」で作る梅酒の特徴は、
日本酒の持つアミノ酸パワーと梅が持つクエン酸パワーの相乗効果。
飲んで美味しいだけでなく、カラダにおいしい梅酒になるのです。

これが梅酒の新方程式、いや真方程式。
むしろ定理にまで昇華しているとさえ思っております。(私見)

日本酒で作るアナタ好みの梅酒作りにチャレンジなさってみられてはいかがでしょうか。

(業務部 大下勝己)

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより