1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2010年9月

今日の五橋

今日の五橋

刈り取り前の山田錦【1467杯目】

2010年9月22日(水)

今日は社長と副杜氏がトラタン村の山田錦を視察してまいりました。

220922.jpg

こちらがトラタン村山田錦優等賞受賞の常連、森重さんの田んぼ。
上手に育てられてるのがこの写真からも伺えると思います。
このきれいな黄金色。
後ろに見える、五橋の精米所の白とのコントラストが美しいです。

 

 

220922a.jpg

続いて藤嶋さんの田んぼです。
山田錦は背が高いとよく言われますが、
そのことはこの写真から伺えます。

藤嶋さんはトラタン一の大男で、
身長は2m近いのですが、腰まで稲穂が・・・って、冗談です。
そんなに高くないです。
いわゆる平均的な身長の藤嶋さん。
とはいえ、垂れ下がった稲穂が腰まではあるわけですから、
普通の米とは違うのは明らかです。

今年も台風の脅威からは逃れることが出来ましたが、
田植え後の日照不足、梅雨明け後の猛暑渇水に襲われて、
必ずしも稲作に適した気候だったとはいえないと思います。

それでもここまでの米を育て上げるトラタン村民、やっぱ只者じゃないっす。
今年は9月末から10月上旬にかけて山田錦の刈り取りが行われる予定です。

そして、12月にはこの山田錦を使って醸す「純米あらばしり」も登場します。
夏が終わると、一気に冬が来る感じがします。

 

(業務部 大下勝己)

みんな違って、みんないい【1466杯目】

2010年9月17日(金)

 

220917a.jpg

 

以前ご紹介した会社前のプラン田。
こんなに大きくなりました。

今さらご説明の必要も無いでしょうが、
右が山田錦、左がイセヒカリです。

一見して山田錦のほうが背が高いのがお分かりでしょう。
そして、左のイセヒカリ。
色づき始めたのがお分かりですか?

220917.jpg

 

同じ日に植えたんですが、この違い。
もっとも、苗床はイセヒカリのほうがちょっと早かったらしいんですが (^。^
とはいえ、これだけの違いがでているのはちょっとビックリ。
ここ数年会社の前で植え続けてきましたが、
初めてのケースではないでしょうか。

イセヒカリも山田錦もそれぞれ長所があって、短所がある。
みんな違ってみんないい。
杜氏の仲間がみんなおいしいお酒にしてくれるから v(^。^)v

(業務部 大下勝己)

にごり酒の味の向こう側【1465杯目】

2010年9月10日(金)

突然ですが、これっ!

220910.JPG

10月1日の発売に向けて仕込みが始まった
「五橋 にごり酒」のもろみです。

最近ではこの時期の仕込みも珍しくなくなってきているんでしょうが、
五橋では20年位前から夏季に仕込みをしています。
この20年のノウハウが夏であろうが、冬であろうが、
安定した酒質をお約束しているわけですね。

で、このにごり酒。
なんと言っても一番の売りは搾りたてだということに尽きると思います。
搾りたてのフレッシュさ。
口の中に広がる米の甘味。(にごりは甘口に仕上げてます)
にごり酒そのものが持つ白濁した、あの独特の存在感。

基本的には要冷蔵商品(生酒ですから)ですが、
10月に入ってもまだ暑いのであれば、氷を浮かべてロックで楽しむのも良いでしょう。
楽しみはいろいろです。

しかし、お燗だけはお薦めしません。(個人的に)
以前、にごり酒の幅を広げようと燗酒にチャレンジしたことがあったのですが、
アルコール臭が鼻につき、
酸味というより刺激?が下を刺し、
「こりゃダメだ」と相成ったわけです。

とはいうものの、これはあくまでも私の体験。
にごり酒の味の向こう側は燗酒にこそあるかもしれません。
ご興味がおありの方はぜひチャレンジを。

(業務部 大下勝己)

実はTOP3【1464杯目】

2010年9月 1日(水)

昨日ご紹介させていただいた「全米日本酒歓評会」の、
純米酒部門の金賞受賞の件。

実は先ほど事務局からFAXが届きまして、
純米酒部門のTOP3だったとの報告がっ!

TOP3に入っているということは、
もしかして1位?
いやいや、そこまで図々しいことを言っちゃダメ。

じゃあ2位?
いやいや、それも調子に乗りすぎ。

控えめに3位?
う~ん、このくらいで考えておくのが日本人ってもんでしょう。

ですが、実際の評価は「神のみぞ知る」ではなく、
事務局のみが知るのであります。

もしかしたら部門1位かもしれない純米酒。
Have you already drunk GOKYO kiokedukuri junmaishu?

(業務部 大下勝己)

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより