1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2010年8月

今日の五橋

今日の五橋

GOKYO won the GOLD award【1463杯目】

2010年8月30日(月)

8月17日、18日の両日、「2010年度全米日本酒歓評会」が行われました。

 

その関連イベント(一般公開きき酒)である「THE JOY OF SAKE」がその翌日に行われたようです。

220830.jpg

この「全米日本酒歓評会」に五橋も出品しておりまして・・・

なんて感じで書くと、
成績が良かったというのは見え見えで恥ずかしいんですが、
隠す必要もないですから、淡々と結果だけご報告します。
GOLD AWARD受賞しました。
(全然、淡々じゃないですけど。
ていうか、タイトルで大々的に発表しちゃってます。)

 その証拠がこれ。
証拠を提出しなければならないほど、
信用がないわけではないでしょうが念のため。
というより、やっぱ結果を見ていただきたいんですよね。

 

220830a.jpg

純米の部門は私が数えた限りでは、
94アイテムがエントリーしてまして、
そのうち24アイテムがGOLD、
26アイテムがSILVERという結果だったようです。
日本の全国新酒鑑評会と同じで、入賞率が約5割。
金賞率がまたその5割といった感じのようですね。

 そんなことより銘柄名(商品名?)が「Kiokezukuri kimoto junmai」とだけあって、
「五橋(GOKYO)」の文字が一切ありませんが、どうなってるんでしょ?
まぁ、フリーメーソンの陰謀でないことは確かです。

ところで、アメリカで評価された商品はこちら。
五橋 木桶造り 純米酒

ぜひ一度お試しくださいませ。

(業務部 大下勝己)

プラン田 IN FRONT OF 五橋【1462杯目】

2010年8月24日(火)

五橋では数年前から会社の前のプランタで、山田錦とイセヒカリの稲を栽培しています。

というわけで、こちらをご覧下さい。

220824a.jpg

当然秋になれば稲穂が黄金色に輝き、
会社を通られる方々に秋の訪れを感じさせる標となり、
時にはスズメの食料(!)になったりするわけです。

こういうお米が日本酒になるのだと、見ていただくことも必要なのでしょう。
ごく一般的に「山田錦は普通の稲より背が高い」なんてことを言いますが、
百聞は一見にしかずなのですから。
 

そして、背の高さよりももっとはっきりと分かる違いがあるのです。
 それがこれ。

220824.jpg

右が山田錦、左がイセヒカリなのですが、
イセヒカリにはすでに穂がつき、山田錦はまだ。
これだけ見ても、品種の違いは明らかなのです。

お酒の説明だけしたのでは50点。
原料米の説明が出来て75点。
そのお米までお見せできたら100点でしょうか?

会社前のミニ水田、五橋プラン田。
こういうお米から「五橋」が醸されるのだとしみじみ・・・はしません・・・か。
お近くにお立ち寄りの際はご見学下さい。

(業務部 大下勝己)

粕漬け万歳【1461杯目】

2010年8月18日(水)

なんとなく調べ物をしてましたら、「粕漬け」の文字が目に入ってきました。
今まで特に意識をしたことがなかったのですが、
酒粕で野菜を漬けると「奈良漬」になるのです。

すごく当たり前のことを書いてますが、
それでは酒粕で魚を漬けるとなんと言うでしょうか?
答えは単純。
「粕漬け」です。

先月でしたか、弊社ショップページでも漬物用の酒粕の販売を始めました。
よくよくみてみると、「奈良漬用」と書いてあるんですね。
「五橋 留粕(粕漬け用)」に修正しました。
こりゃはっきり言って、大間違い。
「粕漬け用」でなきゃならんのですよ。

漠然と「留粕は奈良漬を漬ける粕」と思い込んで生きてきたのであります。

そこで先入観を捨てるべく、ちょこちょこっとネットサーフィン(最近こういう表現はしない?)してましたら、
またもや驚愕のネタを発見したのであります。
奈良漬は6~7月頃のものと思い込んでいた私の常識がガラガラと崩れ始めて・・・
そのサイトがこちら

奈良漬を9月頃からつけちゃおうっていうお話なんですが、
って、ここまで書き進めてまた気付きました。

結局、野菜漬けの話に終始しちゃってます・・・orz

 

昔、何かの本で読みました。
お歳暮なんかでもらう「新巻鮭」。
塩辛いことが少なくないですよね。
これを留粕に漬けると・・・
あらら、ビックリ。
この続きは皆様のご家庭で。

一言、申し添えておきます。
私はお歳暮などもらえる身分ではありませんので、新巻鮭の粕漬けは試したことがありません。
一度でいいから試したい。 ^^

(業務部 大下勝己)

スパーーークリングッ!【1460杯目】

2010年8月17日(火)

報道等ですでにご承知のことでありましょうが、
今年の猛暑の影響(といわれている)で、炭酸系飲料が好調のようです。

私も先日、スポーツドリンクのスパークリングバージョンを発見いたしました。
ちょうど水分を欲していたタイミングだったものですから、
大急ぎで購入いたしました。(急ぐ必要はないです)

普段は喉に潤いを与えることを主目的とするスポーツドリンクが、
爽快感を与えてくれたのでございます。
炭酸を加える前のテイストに、調整を加えているのかどうかは把握しておりませんが、
通常のものよりやや軽快な印象が。

これがスパークリング効果というやつでしょうか。

junmai10.jpg

と、ここまでが前置きです。
日本酒メーカーのサイトで炭酸ジュースを宣伝するわけありません。
スパークリング+酒といえばこちらです。

 

日本酒のイメージを一新する、
新感覚の軽快な酒質をぜひお試し下さい。

  

 

(業務部 大下勝己)

お盆休暇のお知らせ【1459杯目】

2010年8月12日(木)

8月13日~8月16日の3日間、
お盆休暇をいただきます。

この間の「日本酒ショップ」からのご注文は、
休み明けの8月17日以降の対応となりますので、
ご了承下さい。

(業務部 大下勝己)

イベント情報アップしました。【1458杯目】

2010年8月 6日(金)

イベント情報アップしました。

最近話題の山口県の日本酒を楽しむチャンスです。
ぜひご参加くださいませ。

この会に関しましては、山口県酒造組合へお問合せ下さい。

山口県酒造組合 TEL083-973-1710

(業務部 大下勝己)

山口七夕ちょうちん祭【1457杯目】

2010年8月 6日(金)

今日、明日と山口七夕ちょうちん祭が山口市内で開催されます。

220806t.jpg

例年の恒例ですが、
五橋もこのちょうちん祭に参加させていただいております。
山口市中市商店街の浅屋商店様店頭での試飲即売会でございます。

山口市を治めていた大内氏の26代、大内盛見が
父母の冥福を祈るために笹竹の上に高燈籠を灯 したのがはじまりと伝えられています。
それが町の家々の盆行事となり、
やがて燈籠が手軽なちょうちんに変わって、
今のような形になったのだとか。

いずれにしても山口市の伝統的な行事の一つなのであります。

試飲をして味を確かめた上で、商品の選定が出来る良い機会です。
週末でもありますので、足をお運びいただき、ぜひ浅屋商店様までお越し下さい。

(業務部 大下勝己)

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより