1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2010年7月

今日の五橋

今日の五橋

ひや0.72L今期分完売しました【1456杯目】

2010年7月29日(木)

gentei01.jpg

ひや0.72L今期分完売いたしました。
ありがたいことですが、
ご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちもあり、複雑です。

 

1.8Lの方はもう少し在庫がございます。
これから夏本番です。
日本の夏は日本の酒で楽しもう!

じゃありませんか。

米作り体験第2弾【1455杯目】

2010年7月28日(水)

平成22年度の米作り体験第2弾、
生育状況確認を25日に行いました。

生育状況確認とは言うものの、
お子さん達はあまり興味がないようですし、
親御さんたちも「子供にしっかり見てもらって・・・」などと責任転嫁。
真剣に説明をしてくれているトラタン村、宮本さんの背中に哀愁が。
まぁ、毎年の光景です。

220728b.jpg

 

で、生育状況の方はといいますと、特に問題なし。
普通に成長していますということであります。
ただ一点、珍しい現象がありました。
イセヒカリの水田で、約3分の2を機械植え、3分の1を手植えしていたのですが、
手植えの方が若干成長の度合いが遅いようで、
数センチ丈が短いんです。

220728a.jpg

写真ではちょっと分かりにくいんですが、
向かって右側が機械植えです。
よ~く見るとちょっと背が高いですよね。

機械植えの方が土中に深く植えられる
(子供が手植えをするのと比べて)のが原因じゃないかとのトラタン村民の見解ですが、最終的には同じ背丈になるでしょうとのこと。

で、ここまでが前菜。
メインディッシュが次に控えているのであります。

それが、そうめん流し!
なのですが、写真撮るの忘れてました。
忘れてましたというか、そうめんを流す作業とかやってまして。

ですが、その後のスイカ割りの写真は撮りましたよ。
スイカ割りのときはほかの作業してませんでしたから。
 

220728.jpg

実際にはこの前に竹を使ったおもちゃ作り体験なんかもありまして、
お子さん達にはそれなりに楽しめた1日になったのではないかと、
自讃しているのでございます。

 

 

(業務部 大下勝己)

うっぺのブログ【1454杯目】

2010年7月20日(火)

うっぺのブログ」さんとリンク貼らせていただきました。

220720.jpg

環境にやさしい農業を実践されている、
錦川菜園さんのブログです。

五橋でもイセヒカリで少しお付き合いさせていただいているのでございます。

興味深いお話もありますので、ぜひご覧下さい。

(業務部 大下勝己)

ゴーッ雨【1453杯目】

2010年7月14日(水)

全国的に豪雨に見舞われた今日は、
岩国市も例外なく豪雨でございました。

高速道路が通行止めのため、
一般道に車が流れ、朝から大渋滞。
私は二輪車通勤ですから、
渋滞に巻き込まれることなく出勤できたのですが、
稀に見る渋滞具合でした。

22.07.14.JPG

で、会社に着くと会社前の道路はこんな感じです。
冠水の一歩手前といった感じでしょうか。
もっとも、低い所に水がたまっているだけと言えばそうなのですが。

とはいえ、渋滞を起こし、
停電まで引き起こしたこの豪雨。


この雨がやがて地下水となって仕込み水に・・・
なんて呑気なことを言ってられないくらい、
久しぶりの出来事でございました。

(業務部 大下勝己)

百聞は一見にしかず【1452杯目】

2010年7月 9日(金)

サントリーBOSSのCMですっかり全国的になった錦帯橋の鵜飼。
実はこの鵜飼には、行って始めて分かる秘密があるのだとか。

220709.jpg

 

 

 

 

 

 
ヒントはこの写真にあるのですが、
おそらく分からないでしょう。
秘密といえるほどのものではないのですから。

答え(?)は篝(かがり)火です。
私はこの風景を小さい時から知っているものですから、
当たり前のものだと思っていたのですが、
他県の鵜飼では篝火をたかないんだそうです。

鵜飼舟がそばを通る時に「「熱を感じるじゃろう」と言われて初めて気付きました。
これはテレビなんかで映像を見ただけでは感じることの出来ないリアルですよ。

きっとあのトミー・リー・ジョーンズ氏も篝火の熱を感じたことでしょう。
(って、合成か?)

220709 (4).jpg

 

 

 

 

ところで、サントリーBOSSのCMの中で、
杉田かおるさんが子供達に「はよ、ご飯食べんさい」と言うセリフがあります。
まさしくこれは「~をしんさい」という岩国弁。

錦帯橋で収録をして、会話にまで岩国弁を織り込むというこの細やかさ。
これは岩国弁を知っている人にしかわからない。
百見が一聞にしかずなのでございました。

(業務部 大下勝己)

 

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより