1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2010年6月

今日の五橋

今日の五橋

「献上の酒」販売を再開しました【1451杯目】

2010年6月25日(金)

gentei11.jpg

品切れでご迷惑をおかけしていた「五橋 純米酒 献上の酒」の販売を再開いたしました。

 

岩国藩初代藩主「吉川広家公」に献上するお酒をイメージして醸された純米酒ですから、その当時一番贅沢であったであろう酒質になっているはずです。

通常の仕込みより、麹歩合を高めて、やや甘口のテイストに。
甘いものが手に入りにくかった時代でしょうから、
こうしたテイストが高級であったのでありましょう。

殿様が楽しんだかもしれないお酒!?
をどうぞお試しくださいませ。


 ※酒質のイメージを当時のものに近づけてはいますが、製法等については現代法によるところもあります。 

(業務部 大下勝己)

日本人なら奈良漬【1450杯目】

2010年6月23日(水)

奈良漬用の酒粕(通称 留粕)をの販売を開始いたしました。
4KGで1,155円でございます。

毎年好評をいただいておりまして、
先日ご紹介した「梅酒用」と同じように、リピーターの方がものすごく多い商品です。

ご自分の思い通り、あるいは想像以上の味に仕上がっているんだろうと推察しております。
今回初めて奈良漬づくりにチャレンジしてみたいといわれる方は、
奈良漬のレシピが「蔵元だより 其の52」に書いてございますので、
ご参考になさってください。

tome.jpg

 

(業務部 大下勝己)

夏だから【1449杯目】

2010年6月21日(月)

「夏だから」というよりは、
「この時期だから」といった方が正しいんでしょうね。

5月1日から今日現在までのネットでの販売ランキングをひろってみました。

「予想に反して」と書けば、その商品に申し訳ないですが、
ちょっと驚きの結果がでました。

発泡純米酒 ねね」の1位は不動のものとなっておりますが、
2位、3位が大きく入れ替わりました。

なんと2位に「清酒原酒 ひや」が登場。

gentei01.jpg


地味にランクを上げてきたものです。

この「ひや」は氷を浮かべたロックでのご提案をさせていただいていますが、
実際にロックで楽しまれている方はどのくらいいらっしゃるんでしょうね。
ラベル右上部にデザインされているのは氷のイメージなのだそうですが、
どこまでその思いが伝わっているのやら。

「日本の夏は日本の酒で」お楽しみくださいませ。

 

  

そうかと思えば、3位はこれまたビックリ!
五橋 梅酒用」ですよ。

gentei12.jpg

確かに「日本酒ショップ」からのご注文をちょこちょこ見てましたが、
まさか3位にまで順位を上げてくるとは。

ワールドカップに例え・・・る必要はありませんから、例えません。

以前も書いたんですが、
この商品に関しては本当に反応が大きいんです。
リピート率の高さが実感できる商品ですね。


 

 季節商品ですから、
やはりこの時期に楽しんでいただきたい。
そんな想いが見事反映した結果に少し満足の私なのであります。

(業務部 大下勝己)

大好評「五橋 梅酒用」残り100本【1448杯目】

2010年6月17日(木)

五橋 梅酒用」が大好評につき、
今期分が残り100本(正式には101本)となりました。(6月17日午後4時現在)

この「五橋 梅酒用」に関しては、明らかにお客様の反応が違います。
「去年作ったらおいしかったんで、今年も。」と、かなりのお客様が言われているようです。
リピートのお客様が多いんです。

リピート率の高さはおいしさが認められた証拠だと考えております。
もっとも、「アナタ好みの」がコンセプトですから、
自分好みであればおいしくて当たり前ではあるんでしょうが、
おそらくは想像を超えたおいしさがあるのではないかと (^。^)

五橋 梅酒用」で梅酒の味の向こう側を見てみたい。

 

ところで、「五橋 梅酒用」の商品画像を差し替えました。
ちょっと写りが悪かったので、撮り直しです。

gentei1256565656.jpg
gentei12aaaa.jpg

 

 

BeforeとAfterが分かりますか?
写真の撮り方で、これだけ見え方が違ってくるんですよね。
ほかの商品も少しずつ写真を差し替えます。
味はもちろん大事なんですが、やっぱ見た目も大事ですもの。



(業務部 大下勝己)

「純米生酒」完売いたしました。【1447杯目】

2010年6月11日(金)

おかげさまで「五橋 純米生酒」は今期分完売いたしました。
ありがとうございました。

「純米 生酒」の代わりといってはなんですが、
本格的に暑くなるこれからは、
氷を浮かべたロックで楽しめる「五橋 ひや」はいかがでしょうか。

こちらも夏季限定。
まさに今が旬のおすすめ商品でございます。
ロックでの楽しみは焼酎やウイスキーだけの楽しみではございません。
日本酒の楽しみ方に、ルールはない。
普段と一味違う日本酒ロックを「五橋 ひや」でお楽しみ下さい。

(業務部 大下勝己)

トラタン村田植え体験【1446杯目】

2010年6月 7日(月)

今年も恒例のトラタン村田植え体験を行いました。
9家族、約40名での田植えでございます。

作付け品種はイセヒカリ。
食べてよし、(酒にして)飲んでよしの奇跡の米。
出来たお米はお子さん達が、出来たお酒は親御さんが。
うまくできてるものです。

田植え体験の様子は口で言っても伝わりませんから、写真をどうぞ。

最近は以前のように、派手にこけるお子さんがいなくなってたんですが、
今回は見事復活。
激しく田んぼに突っ込んでました。

残念ながら、私はその時は別の作業をしてまして、
写真が撮れておりません。
まぁ、その子の名誉のためには良かったかと思いますが。


(業務部 大下勝己)

220607.jpg220607 (1).jpg220607 (2).jpg

 

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより