1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2007年2月

今日の五橋

今日の五橋

今年も完売必至「無垢之酒」【1323杯目】

2007年2月20日(火)

トップページに「無垢之酒」のバナーを設けました。
残念ながら、まだリンクは貼っていません。

1.8Lが600本、
0.72Lが1000本の数量限定商品でございます。
昨年は、0.72Lが発売日前に予約で完売していました。
1.8Lは発売日当日で6ケースしか残っていませんでした。
それほどの商品なのであります。

今年の発売日は3月5日。
日本名門酒会でのオリジナル商品ですので、
最寄の日本名門酒会加盟店にてお申し込みください。
山口県限定ではありません。
日本全国「無垢之酒」お取り扱いいただいております。

詳細等につきましては、また改めて更新させていただきます。

マスコミの功罪【1322杯目】

2007年2月 9日(金)

何かとお騒がせの「あるあ○大辞典」
納豆から、レタスからあれやらこれやらで捏造してました。
他局でも「音」に関しての捏造報道。
いったいこの国のメディアはどうなっているのやら。

しかし、マスコミ報道に群がる消費者が多いのもまた事実。
最近はほとんど聞かれませんが、あの焼酎ブームもやはりマスコミがうたった健康効果でした。
マスコミの力をまざまざと見せられた反面、
信じていい情報と、いけない情報の判断が難しいなと思う私。
そんなところでこんな記事を見つけました。

私も酒類業界に身をおいていますので、「醸会タイムス」なる業界紙も読むんです。
その「醸会タイムス」のコラム欄から抜粋してご紹介いたします。
(以下、醸会タイムスより抜粋)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同番組(あるある大辞典)で思い出すのが、
ちょうど今から4年前の2月に放送された焼酎の特集だ。
(略)
芋焼酎ブームのきっかけにもなった・・・
(略)
本格焼酎の優位性を引き立たせるために、その比較対象にことごとく清酒を引き合いに出し、
しかも誤った情報を元に、本格焼酎は清酒に比べてこれだけ優れているんだという内容にした。
(略)
無理やり「まず結論ありき」に持っていく手法は今回と全く同じだ。
(略)
ある本格焼酎の技術者は「そんなことはありえない」とあきれ返っていた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな内容が書かれているんです。

しかし、ここまで書いて気づくこと。
上の囲みだけ読んだら、あの番組はとんでもなかったんだなと、思う方が大半だと思います。
しかし、間をいくつか省略してますよね。
あの間に何が書かれていたかは皆さん分からない。
結構情報操作って簡単に行えたりするんですよね。
もっとも、上で書いた文章はそのままですし、
途中を省略したのは長くなりすぎるからで他意は全くありません。

立春朝搾り報告【1321杯目】

2007年2月 5日(月)

昨日は立春朝搾りのイベントが行われました。
県内はもとより、島根県、広島県からも加盟店様がいらっしゃいまして、
朝6時30分からラベル貼りと箱詰め作業を行われました。

立春朝搾りの作業風景を「イベント情報」にアップしました。
ご興味がおありの方はご覧くださいませ。
ただし、データ容量の関係から、今月中旬くらいには削除させていただきます。

日本酒は季節とともに【1320杯目】

2007年2月 1日(木)

あっという間に2月でございます。

「今月のおすすめ」と、「蔵元だより」を更新いたしました。
「今月のおすすめ」はもちろん、あの商品。
もったいぶっても、トップページでばれてしまっていますが。

「蔵元だより」はただ今真っ盛りの上槽をテーマに取り上げました。
それに関連して搾りたて商品も。
まさに旬。
季節感を味わうことができる日本酒ならではでございます。
ビールや焼酎では味わうことのできないのが、季節とともに楽しむこと。
ある意味贅沢なお酒なんですよ。
いつでもどこにでもあるわけではないですから。

立春朝搾りを目前にして、バタバタと慌しくなってきました。
しかしこれも季節の風物詩。
春を迎える喜びとともに、バタバタの苦悩が私の胸に。
今年も無事終わりますよう。

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより