1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2007年1月

今日の五橋

今日の五橋

立春朝搾りのもろみ【1319杯目】

2007年1月19日(金)

「立春朝搾り」のページに醪の写真をアップしました。
昨日の醪の様子です。

07.1.19.jpg

1月11日が留添えでしたから、ちょうど一週間。
何かの理由があって、この写真を撮ったわけではありませんが、
最近更新をサボったりしていましたので、罪滅ぼしに。

近いうちに「蔵元だより」もアップさせていただきますので、
こちらもお楽しみに。

美辞麗句が陳腐に聞こえるほどの酒質?【1318杯目】

2007年1月17日(水)

春を告げる幸福の酒「立春朝搾り」、
言葉にできない美味い酒「大吟醸にごり酒」の2点、アップいたしました。
(「立春朝搾り」の方は買える店だけですが・・・)
仕込み本番のこの時期だからこそ味わうことができる搾りたてのお酒。
しかも、それがそんじょそこらの酒じゃない!とくれば、試してみたくなるのが人の性。

もちろん私は両方とも試していますが、
毎年確実にグレードアップしていっているのが実感できるんです。
「去年も美味かったが、今年はさらに美味いねぇ」という具合です。
「大吟醸にごり酒」のページには「この美味さに言葉はいらない」なんて書いていますが、
確かに語ろうとすればするほど、その言葉が陳腐になってしまいます。

下でも書いていますが、五橋の吟醸酒は今年もさらにグレードアップすること必至。
去年の味で満足された方、今年のお酒を試さなくても宜しいですか?

「立春朝搾り」は最寄の日本名門酒会加盟店様へ。
「大吟醸にごり酒」は最寄の酒販店様か、弊社へ直接お申し込みください。

新しい搾り機を導入しました【1317杯目】

2007年1月12日(金)

突然ですが、左の写真をご覧ください。

07.1.12.jpg


よ~くご覧ください。
この部屋は以前ご紹介させていただいた、五橋の新吟醸部屋でございます。
この間アップした写真とどこか違うのですが、分かりますでしょうか?
(「この間」というのは10月20日の更新です)

右の奥の方に見慣れない機械が鎮座しておりますでしょ?
新しい搾り機を導入したのであります。
今までは小さい仕込みの商品や、季節的に仕込む商品は左側の搾り機で搾ってましたが、
いまいちサイズ的に難がありまして、
新しく搾り機を導入することで、一回り大きな仕込みにも対応できるようになったのであります。
主に吟醸系の商品の上槽に使われるようになるのではないかと思っておりますが、
このことはすなわち五橋の吟醸酒の酒質がアップするということになるのでは??

新搾り機で一番最初に搾られる商品が何になるかはまだ分かりませんが、
今まで薮田式の搾り機で搾っていたものが、槽で搾ると酒質がどう変わるのでしょうか?
新吟醸部屋とともに生まれる五橋の新しい歴史にご期待くださいませ。

1年の計は元旦にあり【1316杯目】

2007年1月 1日(月)

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は後半で息切れいたしまして、12月20日で更新を止めてしまいました。
そのせいで、1年間のお礼さえも述べることなく終わらせてしまいまして、大変失礼いたしました。
あれだけの期間、更新をお休みしたのはスローフード大会に出張に行ったとき以来だと思います。
さすがに更新をしないと、アクセス数も減るようです。
更新をしないことではじめて分かるこの事実。

ですが、アクセス数を増やすことだけがこの「五橋HP」の目的ではありません。
五橋が五橋であるために、その姿勢を伝えることこそがその目的なのであります。
今年は「今日の五橋」のあり方を少し変えようと考えています。
(ほぼ)毎日を売りにしていたために、更新することに重きを置いていた感も否めません。
無理やり更新をするのではなく、お伝えすべき情報をきちんとお伝えできれば、
更新回数が少なくなってもきちんとご支持をいただけるのではないかと。

1年の計は元旦にあり。
新年を迎える今日の良き日に「五橋HP」の方向性を模索するのであります。

平成19年も清酒五橋ならびに五橋HPをよろしくお願いいたします。

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより