1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2005年4月

今日の五橋

今日の五橋

五橋の「5」【952杯目】

2005年4月28日(木)

明日から待ちに待ったGOKYO WEEKです。(しつこい?)
今年は最長10連休という会社もあるようで、
長期休暇を満喫されるのでしょうね。うらやましい。
かくいう五橋も、明日から3連休。
で、5月2日に出勤して、3~5日とまたまた3連休。
こんなGOKYO WEEKは私が入社して初めてのことではないでしょうか。

もっとも、休みがあっても金がなければただただ惰眠を貪るしかありません。
ですが、この五橋HPをご覧の皆様が貪るのは惰眠ではなく、清酒五橋でありましょう。
清酒五橋を貪り飲む。(飲みすぎにはご注意を)

3連休が終われば、そこはもう5月。
5月のお薦めには噂の新商品をご案内させていただきます。
日本酒の楽しみ方の新提案でございます。
お楽しみに。

そういえば、5月といえば五橋の5。
毎月5日が五橋DAYであるとするならば、
毎年5月は五橋MONTHです。
来月一ヶ月は五橋を心行くまでお楽しみくださいませ。
もちろん五橋MONTH以外の月もよろしくお願いいたします。

G.Wにお勧めのお酒【951杯目】

2005年4月27日(水)

昨日行った更新「G.Wをどう過ごす?」。
なんとなく勢いでやっちゃいましたけど、冷静に見てみると何のことやら・・・
GOKYO WEEKだから五橋の酒であれば何を飲んでも良いというのは、
あまりにも乱暴でした。
確かに「これっ!」という商品をお勧めしにくいというのは事実ですが、
これでは五橋の宣教師「酒乱シスコ・サビエル」の名がすたるってもんです。
(私は酒乱ではありませんので、念のため)

なんとかこじつけてでもG.W用のお酒をお勧めしなければならないという使命感が。
というわけで、たった1日で「G.Wをどう過ごす?」を更新いたします。
もっともこのページを更新したあとで、無い頭を絞るわけですからうまくできることやら・・・

イエズス会ならぬ「イエズ酒会」は新教でも旧教でもありません。
そう!五橋。

あっはっはっはっはっは!
ここまではうまくいきました。
この調子で「G.Wをどう過ごす?」何とかうまくまとめてみたいものです。
正月、盆に並ぶ日本3大長期休暇(五橋調べ)のG.Wですから、
ぜひぜひ有意義なものにしていただきたいものです。
あーっとっと。
岩国に観光にいらっしゃる方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
昨年架け替えの終わった錦帯橋もぜひご覧くださいませ。
こんなに美しい橋なのでございますぞ。

※今「G.Wをどう過ごす?」の更新作業をしました。あのページはもう見なくてもいいです・・・
程度の低さが露呈してしまいますから・・・

五橋週間【950杯目】

2005年4月26日(火)

困ったもので、今週末からG.W(GOKYO WEEK)です。
G.W用のページを作らなければならなかったんですが、
時間の概念が欠如していて作り忘れてました。
なので、無理やり作ります。
今日更新しておけば、かろうじてG.W中(4月29日~5月8日)にお酒をお届けできます。
G.Wはどこに行っても人が一杯でしょうから、
わざわざ疲れに外に出る必要もありません。
山口県へのご旅行(特に岩国)であればWELCOMEでございますが v(^。^)

ん?G.W用のお酒って何をおすすめしたらいいんでしょ?
世界に酒類は数あれど、唯一と言っていいほど季節感を演出できるお酒日本酒ですが、
さすがにG.W用となると・・・

あっ!そうでしたG.Wとは巷で言うところのGOLDEN WEEKではなく、GOKYO WEEK。
つまりは五橋週間でありますから、五橋であれば何を飲んでも大丈夫でございました。
はっはっはっはっは。
G.Wを提唱する私でありながら、こんな初歩的なミスを犯してしまうとは。
申し訳ございません。
というわけで、G.W用のお酒はこちらをおすすめいたします。
どうぞ皆様楽しいG.Wを。

和服?洋服?【949杯目】

2005年4月25日(月)

酒肴三昧終わりました。はい。
毎年のことですが、お客様のパワーがすごい。
今回が5回目ですが、最初の頃に比べると和服の方が増えてきたのに気付きました。
だんだん五橋の形が浸透してきている証拠なんでしょうか?
もっとも、従業員は和服は着ずに洋服での参加ですが (^^;

「ご自慢の酒器をお持ちください」という呼びかけもしております。
おかげさまで酒器をご持参される方も少しずつ増えてきたようです。
社員の方も、飲み会があるときには酒器を持参するものも少しずつ。

まぁ、こんなことを書いていても始まりません。
一見は百聞にしかず。
「イベント紹介」のページに酒肴三昧の写真をアップしておりますので、ご覧ください。

三行更新が世の習い【948杯目】

2005年4月23日(土)

あらあらあらら、っという間に酒肴三昧当日でございます。
酒肴三昧当日は3行更新が世の習いです(?)
というわけで今日はこの辺で。週明けのイベント紹介のページをお楽しみに。

1年間ネタ満載の酒蔵【947杯目】

2005年4月22日(金)

早くご披露したいのに、なかなかご披露できないことがあります。
酒肴三昧が終われば、しばらくは酒肴三昧ネタでつないで・・・
そうこうしているうちに5月になって・・・
あれ、でもその前にG.W(GOKYO WEEK)のネタもしなくちゃならないのか・・・
毎年パターンが決まっちゃってるんで、更新がやりやすいようなやりにくいような。
ワンパターンに陥ってしまっては飽きられやすいんでしょうし、
かといって、そんなに毎年毎年新しいネタが・・・あるんです!

はぁー、すごい。すごいっす。五橋さん。
春も夏も秋も冬も1年通してネタ満載。
だから冒頭に書いたような「早くご披露したいのに・・・」ってなことになってしまうんです。
もっとも、うずうずしているのは私だけ。
この更新を読んでらっしゃる皆様は、なんのことやら皆目見当つかないわけですから。

いやいや、それでもとりあえずは目の前の酒肴三昧ですな。
まずはこちらをきっちり努めて、
つぎにあれとこれとそれと・・・
うししししししし。
考えただけでよだれが・・・
皆様はご披露させていただいたあとによだれをどうぞ。

地産地消をテーマに酒肴三昧【946杯目】

2005年4月21日(木)

気がつけば酒肴三昧開催の2日前になっていました。
あっという間に定員に達したために、早々に締切。
半分以上がリピーターというのは、評判がいいからなのか?
それとも固定しちゃっているからなのか?
その答を知る由もありませんが、私どもとしましては、
ただ一生懸命努めるのみなのであります。

なんとなく、実感のわかないまま迎える酒肴三昧ですが、
当日は例年の通りの華やかな会になるのでありましょう。
今年はテーマが「地産地消」
んー、週明けに写真と一緒にご紹介したほうが話が早いでしょうね。
ま、今日はこのくらいで。

月頭ではないんですが、言えない事情でバタバタしまして、仕事がたまりまくりです。
イレギュラーって怖いわー。

発売最下位?【945杯目】

2005年4月20日(水)

おまたせいたしました。
品切れでご迷惑をおかけしていた「発泡純米酒 ねね」。
ついに発売が再開できることとなりました。
今回ご用意できたのが約2400本、で、来週また2400本。
今月中にもう1本仕込みをして・・・
このように、品切れをおこさないようには努めているつもりでございます。
昨年の8月に発売を開始して以来、すでに3回ですから4回目はないようにしたいとは考えておりますが・・・

もし切れたら・・・
あ、いや、そんな不吉なことは・・・

ねね発売再開!うれしさあまって更新短め(?)で。

「はつばいさいかい」って入力したら、「発売最下位」ですって。
生産が追いついていないんですけど・・・

北海道はG.Wに花見なんだそうな【944杯目】

2005年4月19日(火)

岩国地方の桜はほぼ散ってしまいました。
もはやお花見気分ではございません。
なのに、トップページには相変わらず「花見しよう」の文字が・・・

日本は広い。
まだ雪景色の地方もあるんです。
マスコミ報道によれば、GW前後に北海道は開花宣言できそうなんだとか。
GW?
ん?
ついにこの時期がやってきましたか。
日本人が待ちこがれるGW。
そう、GOKYO WEEK(五橋週間)

そんな余計な話を書いているほど今日はヒマじゃありません。
なので、短めで。

記念日協会【943杯目】

2005年4月18日(月)

「今日の五橋」の更新で、「今日は○○の日」なんていうのを結構やってきました。
先週末もそうでしたね。(良い子の日^^)

これをうけて「今日の五橋」ファンの方からメールをいただきました。
その内容はといいますと、
どうやら、日本記念日協会というものがあるそうで、そこに5万円を払い、
審査に通れば記念日として認定してくれるというもの。

ということは、念願だった五橋の日(5月9日→5.9→ゴキュウ→ゴキョウ)の認定があるかも!
っと思ったら、審査があるのか。
「ただの語呂合わせです」が申請理由では通るわけないですよね。
もう3年くらいい続けていますが、いまだに浸透もしていませんし・・・
もっとも、HP上ではこうやって書いていますが、
社内でこういう発言が出来るわけもなく、
HPより公共性が高い(?)蔵元だよりでもこんなことは書いたことがありません。

口に出すのが恥ずかしいから、表立っていえないんですよね。
ま、言ったところで相手にもされませんが。

ですが、4月18日で418(ヨイハ)→良い歯の日とか、
18日で頭髪(18)の日だとか、
こんなのよりは5月9日で・・・ゴキョ・・・
いやいや同じレベルか・・・

マライア・キャリー said 「very storong!」【942杯目】

2005年4月15日(金)

今日は良い子の4月15日。(415=ヨイコ)
ん?
あっ!
ぐあぁぁぁーっ!
良い子はお酒なんか飲みませんっ。
とんでもない書き出しにしてしまいました。
うぎゃぎゃぎゅぎゅぎょへーっ!

などと慌てる私じゃありません。
伊達に「今日の五橋」を4年近く続けてきたわけじゃありません。
過去の941回の更新。
それぞれに趣向を凝らし、ウィットに富み、知識あふれ、血涌き肉踊る、芸術ともいえる更新を続けてきました。
このいぶし銀の技で良い子とお酒とを、見事絡めてみようじゃありませんか。

4月になって、新入社員やら新入生やらと巷は新入ブーム(?)
親御さんに「良い子、良い子」とかわいがられてきたお子さん達も、
社会や上位の学校へと進学していかれたわけです。
しかしっ!
ここで私が話題にしたいのは、高校卒業と同時に社会に出た社会人1年生と、
見事大学受験という名の地獄から生還した大学1年生のことです。
ほぼ間違いなく、新入社員の歓迎会やら、新入生歓迎コンパやらが行われるのであります。
ん?ちょっと待ってください。
高校を卒業したばっかりの君達は、まだ18歳じゃないですかぁーっ?(18歳ではない人もいます)
未成年はお酒飲んじゃあ、だめですからぁーっ!
ざんねー・・・
あー、危ない。また流行語でごまかすところでした。

かくいう私も大学入ったその日に新歓コンパとやらの洗礼をあびたクチです。
これって軽犯罪法違反なんですよね。
もう時効でしょうが。
もっとも、初めてお酒を飲んだのは○○○○の時ですから・・・
いやいや、そんな事はどうでもいいんです。

ところで、未成年者が初めてお酒を飲むきっかけって何かご存知です?
ほとんどが盆や正月など親戚が集う時に、親や親戚が勧めるのがきっかけなんだそうです。
「良い子、良い子」とかわいがっていながら、この仕打ち。
良い子にお酒を勧めるのがいかにひどいことか。
「蔵元だより 其の30 酒と法律」ご覧いただけば分かります。

蔵元に勤務し、お酒を勧める立場でありながら、飲酒を戒めるこの真摯な態度。
これも「当たり前のことを・・・」という五橋イズム・・・いやいや、これもどうでもいい話。
見事、良い子とお酒を絡めることができました。
めでたし、めでたし。

話は変わりますが、昨晩、某テレビ番組にマライア・キャリーが出ていました。
たまたまチャンネルを変えた時に出ていましたので、どういう流れかは把握できておりませんが、
彼女は「日本酒を飲みたい」というのです。
「お?なんだこりゃ?」と思って見ていたら、なんと、酒を持ってきたのがキティちゃん(の着ぐるみ)。
キティちゃんはどうでもいいです。
なんと!マグカップに日本酒を入れて持って来てる・・・
周りにいた日本人たちもマグカップで日本酒を・・・
普通、アメリカ人相手だったらお猪口か枡でしょ?(日本人相手でもです!)
はぁ?なんじゃそりゃ?

で、彼女が日本酒飲んで言った言葉は「VERY STRONG!」
んー、普段彼女が何を飲んでいるのか分かりませんが、
ワインだとしたら12~14%くらいでしょう。
大手メーカーさんのお酒だったら、アルコール度数は同じくらい・・・
周りにいた日本人のコメント「これホントの日本酒だよね」(こんな言い方だった記憶してます)からすれば、
香りプンプンの吟醸酒でもない・・・
いったいどんなお酒提供したんでしょ?
一つ断言できることは「五橋」ではないということ。

隣にいた女性歌手(日本人)は、「初めて日本酒飲んだ」って。
うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎょー!
あっーと、取り乱してしまいました。
良い子の更新じゃなくて、悪い子の更新になるところでした。危ない、危ない。

というわけで、五橋も今日は新入社員の歓迎会でございます。
もちろん成人ですから、ご安心を。   v(^。^)v

映画「花よりもなほ」【941杯目】

2005年4月14日(木)

「錦帯橋と桜」のネタでしばらく引っ張りましたが、すでに散り始めております。
ぱっと咲いて、ぱっと散る。
その潔さが日本人の心に響くのでありましょうか。
国花である桜を愛でながら、国酒たる酒を(盃を)傾ける。
うーん。日本人に生まれてよかった・・・。
って、今年は花見してません。(花見の宴という意味です。見るだけの花見は行きました)
そうか、そうか。
今年は花見してなかったのか・・・。
会社でも花見の企画がされませんで、気がつけば花は散り、すでに葉桜へと。

と、そこで五橋に朗報が。
昨日の朝のニュース(情報番組?)で、
某男性人気グループの一員(なんと表現すれば・・・?)が、来夏映画に出演するとの報道が。
これだけであればただのワイドショーネタで終わってしまいます。
わざわざ私が「今日の五橋」のネタにするくらいですから、本当に(?)朗報。
耳を疑っちゃいましたよ。

その映画のタイトルが、なんと!
「花よりもなほ」
げげげげげーっ!
トップページで「今月のおすすめのお酒」としてご紹介しているあれじゃないですか!
あらららららららー。
元はといえば、浅野内匠頭の辞世の句に由来するネーミング。
しかもなんとなくいい響き。(内容は非常に切ないんですが・・・。←だって辞世の句じゃん)
さすが、一流映画監督は目の付け所が違います。

内容はもちろん忠臣蔵に関連する内容で、時代劇(当たり前)。
登場人物たちが居酒屋で「花よりもなほ」を酌み交わしながら、
談笑なんてシーンはないんでしょうねぇ。(当たり前)
来年のことではありますし、特に何らかの関連があるわけでもありませんから、
協賛等の予定はもちろんあるわけないんですが、応援したいですねぇ。
で、日本中に「花よりもなほ」旋風を巻き起こして欲しいものです。
ん?でも公開が夏?
「花よりもなほ」の見せ場(?)たる浅野内匠頭の切腹は春ですぞ!
47士の討ち入りは冬ですぞ!
おいおい!大丈夫なのか?
って、それは素人である私の浅はかさなのでしょうね。
夏に公開するのは何らかの思惑があるはず。

あっ!そうか、「花よりもなほ」は吟醸酒だから、冷して充分楽しめる。
バカの一つ覚えで私が春にばっかりおすすめしてるから、夏にも楽しめるってことを教えてくれようと・・・
ありがたや、ありがたや。

映画「花よりもなほ」は清酒「花よりもなほ」を飲みながら・・・っていうわけにもいきませんか。
ま、あと1年ありますから、じっくりいきましょう。(これって便乗商法?)

4月5日から引っ張ったネタ【940杯目】

2005年4月13日(水)

ようやくお約束のあれをご披露できます。
移り気なあなたはもうすでに「なんだったっけ?」とお忘れでしょうが、
昔々の錦帯橋そばに桜の木はあったのか?というあれです。
4月8日から今日まで引っ張りました。

ちょこっと大きめの画像でご披露申し上げます。
それではごゆるりとご覧くださいませ。

ありましたでしょ?桜。
もっとも、この桜がソメイヨシノかどうかは知る由もありません。
ただ、ソメイヨシノが全国に広がったのは大正時代とされていますから、
まず間違いなくこれは違うでしょうね。
ヤマザクラです。(たぶん)

この絵は社長が所有する掛け軸の一部でして、
五橋のポスターやラベル等に使用されているものですので、
そちらの方でもご確認いただけると思います。
また、錦帯橋の架け替えが終了した時にNHKで特集が組まれてましたけど、
その中ででも紹介されていた掛け軸です。

ま、とりあえず今日の私の使命はこの画像をお披露目すること。
約束は果たしました。

え?もっとこの絵をじっくり見てみたい?
そういうお方は五橋の純米酒をお買求めくださいませ。
純米酒のラベルこそが、
先の掛け軸の絵をベースに作られたラベルでございますから。

久しぶりに商売っ気を垣間見せた更新でございました。

トラタン村直伝【939杯目】

2005年4月12日(火)

そういえば写真の種明かし忘れてました。
気になっていらっしゃる方もおありでしょうから、蛇足とは思いながらも一応解説を。
4月7日にご紹介した写真。
確かに桜と錦帯橋が写っています。
「合成ですか?」とのお問い合わせもあったのですが、
ざんねーん!合成ではありません。
あんな写真の合成をしようとすれば、かなり時間がかかっちゃいます。
更新をやっつけでやっていることが多い昨今にあって(そんなことありません)、
わざわざ合成なんていたしません。

答は簡単。
錦帯橋の架け替えっていつ、どういう方法でやりましたっけ・・・?
写真の中の右から二番目の橋をよーくご覧ください。
あの部分は第3橋でございます。
5連の橋の真ん中のところ。
あの部分だけ新しく見えません?
そう!あの写真は第3橋の架け替えが行われた年の写真だったんです。
つまり、3年前の写真でございました。
わっはっはっはっは。
すでにお気づきだった皆様、おめでとうございました。
今ようやくお分かりになられた皆様、ざんねーんっ!でございました。

で、例によってあの話題は後回しにさせてください。
画像をどの形で作ろうか、なかなかまとまりませんで・・・
大体「今日の五橋」に書いてあることは、構想3分制作20分(打つのが遅いんで・・)
なんですが、ちょっと今回のは、大きい画像を使うと重くなるし、小さい画像では見にくいですし。
もう少し待っていただければ一番いい状態(私にとって)で更新ができると思います。

ま、こうやってそれっぽい言い訳をしながら、先送りにするのが私の特技です。
履歴書にも特技欄には「先送り」って書きますし(これはウソ)。
ですが、上の所で「一番いい状態で」書いたことにより、逃げ場をなくしたんですな。
トラタン直伝のホラ吹きの技です。
明日の更新をお楽しみに。(明日はどういういい訳をしましょうか・・・)

錦帯橋の花見はこんな感じで【938杯目】

2005年4月11日(月)

先週末に自らネタ振りしたあの話題は後回し。(勝手に変更して申し訳ありません)
連休間に花見に行った(プライベートで)ものですから、その様子をご報告いたします。
4月7日のあの写真とは違いますでしょ?
分かりますかねぇ?

それはそうと、当日(9日)は満開でございまして、
花見客がものすごい!
通常は自宅から錦帯橋までは車で5分の距離なんですが、
1時間以上かかっちゃいましたよ。
はっはっはっはっは。
他県ナンバーも散見されまして、
WELCOME TO KINTAIKYO!ってなもんです。

というわけで「花より団子」の踊る阿呆(失礼)の方々ウオッチングです。
昼間ということもあるんでしょうか、
また車で来ていらっしゃる方が多いからでしょうか?
飲酒していらっしゃる方は少ないようです。
ですが、いくつかのグループではお酒を発見することができました。
やはり一番多いのはビール(発泡酒含む)のようですね。
ま、一番手軽ですし、なんと言っても現在の酒類の種類の消費別で、約4分の3を占めるビールチーム。
圧倒的に強いです。
現在3位(2位は発泡酒)の焼酎チームはここでは見ることができませんでした。
水割り、お湯割り、ロックなどの形で飲まれることが多いですから、
こういう場にはふさわしくないんでしょうか?
荷物増えますもんね。
で、問題の日本酒チームは・・・
うわっはっはっはっは!
あるわ、あるわ。日本酒どもがっ!
やはり桜には日本酒が似合う!
錦帯橋には日本酒が似合う!(?)

一升瓶あり、4合瓶あり、300ml瓶あり。
ありますねぇ。ありますなぁ。
中には300ml瓶をラッパ飲みしている女性まで。(こういうことするから・・・)
しかし!ここで問題がっ!
五橋がおすすめしているお酒(錦上添花、花よりもなほ、花ならつぼみ)がありませんでしたぞっ!
なーぜー?
みんな五橋HP見てないのね。

ま、それは置いときまして、ワインチームが結構多いのは気になりましたねぇ。
特に若い女性がいるチームは結構ワイン持ってました。
うーん。こういうとこに「つぼみ」なんか持っていけば、
「わー!何これー?ワインみたーい!超おいしーい!」なんて言ってもらえるんでしょうけどねぇ。
(もっとも、「ワインみたい」と言ってもらうことを、褒め言葉であるとは思ってはありません)

あ!まずい。
あんまり気合入れて書きすぎると明日以降の更新が・・・
バランスとるために、今日はこの辺で。

「錦帯橋+桜=美しい」って・・・、表現乏しすぎ【937杯目】

2005年4月 8日(金)

昨日予告したとおり、五橋のラベルをご紹介いたします。
ちょっと訳ありまして、この画像は若干の加工がしてあります。
デザイン面ではなく、寸法面で。
(通常は長方形なんですが、この画像は正方形になっています)
ま、そんな細かいところを気になさる方はいらっしゃらないでしょうが。

というわけで、左のラベル、よーくご覧くださいませ。
桜の花がちりばめられてますでしょ?
花びらもちりばめられてますでしょ?
このラベルがいつからあるのか私には知る由もありませんが、
20世紀からあるはずです。
そして今は21世紀。
美しいラベルは世紀を越えて愛される。

いやいや、世紀を越えて愛されるのは錦帯橋と桜のコラボレーション。
1673年に架橋されて、2005年の今なお優美な姿を讃える五連の橋。
(もっとも、数度の架け替え、補修は繰り返されておりますが)
300年を越えて愛されてきた錦帯橋と桜の組み合わせですから、
ラベルに取り入れられるのも当然といえば当然。

ん?錦帯橋が架橋された頃から川沿いに桜ってあったんでしょうか?
そもそも日本各地にはいろいろな種類の桜があったはず。
今のようにソメイヨシノが幅を利かせる(?)ようになったのは、割と最近なんじゃありませんでしたっけ?

しかし、歴史を紐解けば分かるのです。
錦帯橋のそば(錦川沿い)に桜はあったのか?
それはまた来週。
こうやって予告していけば、更新ネタを考えなくてすむから楽なんですねぇ。
更新ネタリレーってやつです。
え?ただのネタの引き伸ばし?
そりゃ、そうです。
ネタ振りからネタを受けるのまで全部自分でやってんですから・・・

真摯な態度と姑息な行動【936杯目】

2005年4月 7日(木)

ここ最近の怠慢に対する罪滅ぼしとしまして、「錦帯橋と桜」の画像を載せました。
私が真摯な態度でHP制作に向かっていることの表れでございます。
昨日は自己嫌悪に陥るくらいの超やっつけ更新。
あれだったらやらない方がましだったかもしれません。
そんな体たらくを払拭しようと、心新たに今日の更新にのぞんだわけです。。

実は今朝はKRYさんが取材に来られていました。
この時期おなじみとなった「ズームイン朝」での錦帯橋の桜模様の放送です。
(この更新は例によって自宅更新ですので、↑の文は作文です。まだ6日の夜ですから)
どんな放送だったのかは見ていません(←当たり前)のでご紹介することは出来ませんが、
出勤前に見られた方もいらっしゃるのでは?
きれいだったでしょ。

なんといっても日本3名橋の1つ、錦帯橋でございます。
錦帯橋には桜が似合うんでございますなぁ。ホント美しい。
そういえば、五橋の「上撰」のラベルをまじまじとご覧になられたことございます?
当然のように桜の花や花びらが彩られているんでございます。
え?画像を載せろ?
うーん。
今、手元にデータがないんです。(自宅ですんで、こういうときに困ります)
明日にでも上撰のラベルの画像を載せましょう。
そうすればネタも切れずにすみますから。 さすが、ベテラン v(^。^)v

ところで、上の画像なんか違和感ありません?
以前にもこの技を使ったことがありますんで、昔からの五橋HPファンならすぐにお分かりになるはず。
ひっひっひっひっひ。
分かった方はお一人でニヤリとしてくださいませ。
私からは特になんのプレゼントもございません。

???あれ???
冒頭に「真摯な態度でHP制作に向かっている」って書きましたけど、
こんな姑息なことをしているってことはもしかして「真摯な態度」って嘘???
やばいです。
「当たり前のことを当たり前にする」がモットーの五橋社員にして、
こんな詐欺的更新をしてしまいました。
あーあ、明日の更新も罪滅ぼし更新ですか・・・

写真の違和感に気付かない方にとっては、
今日の更新は「今日の五橋」的なすばらしい更新に映っているんでしょうねぇ。
明日こそは頑張ります。

真実はそこに【935杯目】

2005年4月 6日(水)

家にパソコンを持って帰って更新作業をするときと、
会社で更新作業をするときのギャップがあまりにも大きくなってます。

というわけで今日は会社での更新作業。
特に書くこともなく、会社裏の土手の桜の写真を撮ることもせず、
ただただ漫然と文字入力をしているだけのやっつけ更新・・・
丁寧にやる(家で)のと、やっつけでやる(会社で)のとでここまで差があるのか・・・

あ、そういえば花粉症がぶり返しました。
杉なのかヒノキなのか犯人は分かりませんが、
あの春先の苦痛がまた・・・
もう治療にいくようなタイミングではありませんので、
薬でごまかしてます。

これが私の集中力をなくしている原因かもしれません。
もう一つあるとすれば・・・
春眠暁を覚えず。
眠いわけじゃあありませんが、なんかボーっと。
いやいや、これもきっと花粉のせい。

花粉症から完全に開放される夏まで、皆様が期待されるような更新は望めないかもしれません。
ん?もしかして、最近アクセス数が減ったのはこのせいでしょうか?
1、2、3月と3ヶ月続いた月間1000アクセスも、今月はすでに達成は難しいとの判断がされております。
暖かくなって、日本酒から離れているのか、
漫然とした更新に飽きられているのか。
真実はあなただけが知っている。

というわけで今日はなんの実もない更新でした。
明日はお楽しみに。

波平よ・・・【934杯目】

2005年4月 5日(火)

昨日はトラタン村の菜の花祭りのご報告をさせていただきましたが、
五橋HPファンの方が待ち望んでいるのは、「サザエさんと日本酒」の報告ではないでしょうか。
というわけで早速・・・

4月3日放送のサザエさん。
ワカメちゃんの声優さんが代わりまして、子供っぽかったワカメちゃんがちょっとお姉さんに。
声であれだけ印象が変わるんですねぇ。
ドラえもんもこの春から声優さんが総入れ替えで・・・って、そんな話はどうでもいいです。

で、問題のサザエさん。
3話中2話で日本酒が登場するという大盤振る舞い。
まず登場したのが、その日の2話目。
とある居酒屋で卓を囲む波平、マスオ、ノリスケ。
卓上には銚子が1、2、3、4・・・
な、な、な、なんとっ!8本!(数え間違いじゃなかったら)
あの銚子のサイズまでは分かりませんが、
2合入りだとすれば、3人で1升6合・・・
いやいや、1合入りでしょうな。
そうであって欲しい。
国民的人気番組の主人公サザエの父親が、
とんでもない酒豪であるという設定はあまりにも悲惨ではありませんか。

最終話には磯野家にお客さんがいらっしゃいます。
で、そのおもてなしに寿司を取り、当然のように日本酒が供されるわけです。
そこで見た感動の光景・・・
な、な、な、なんとっ!
フネが湯煎で燗をつけているではありませんかっ!
さすがフネ。
日本の母でございます。
最近業界をにぎわせているのが、実は燗酒。
燗をつける道具、ちろりの人気が凄いようです。
このことはまた後日ご紹介するとしまして、フネの湯煎の方法。
鍋に湯を沸かして、銚子をつけるというもの。
基本中の基本でありますね。
五橋でも酒肴三昧などのイベントではこの方法で燗をつけます。
(今年はちろりも登場する予定でございます。ご参加いただける方、お楽しみに)

ただ、私が見た驚愕の事実とはっ・・・
見間違いでなければ、鍋で2本燗をつけているその間、すでに卓上に2本の銚子が・・・
お客さんがいるのをいいことに、調子に乗っておかわりを要求しフネにたしなめられる波平。
波平、あんたって人は・・・

「愛・地球博」にトラタン村のあれが【933杯目】

2005年4月 4日(月)

昨日トラタン村で開かれた「トラタン村菜の花祭り」に行ってまいりました。
前日は夕方から雨が振りまして、無事できるんだろうかと危惧しておりましたが、
何とか天気も持ちこたえたようで。
トラタン村民に「日頃の行いがいいからですね」と心にもないことを言って差し上げました。
その後、しばらくして(帰ろうと)車に乗り込んだのですが、
その途端、雨がザバザバと。
うっひっひっひ。
本当に日頃の行いがいいのは私だったようでございます。

連休明けのウィットなジョークで心なごんだところで、
久しぶりに写真をアップしましょう。
気がつけば、先月1ヶ月の(今日の五橋の)更新では1度も写真を使ってませんでした。
あららー。
もろ手抜きですねぇ。バレバレ。
カメラ抱えて社内をウロウロして、ネタになりそうなものをパシャパシャ撮っていたあの頃とは違います。
イスにどっしりと根を張り、事務所から一歩も出ようとしないその怠慢ぶり。
井伏鱒二の「山椒魚」もビックリです。
(ご興味の御ありの方はご一読くださいませ)
まぁ、その罪滅ぼしに菜の花祭りの写真を撮りましたので、様子だけでもご覧くださいませ。

菜の花祭りの垂れ幕の周りには菜の花はなく・・・
伊陸地域の伝統的な神楽(らしいです)
一面に広がる(?)菜の花畑。アングルにずいぶん苦労しました。
ここで豆知識。
先月盛大に開催された「愛・地球博」
開催前の内覧会(?)で会場内(入場口?)をたくさんの菜の花が彩りを添えたらしいです。
実はその菜の花の中に、トラタン村の菜の花も使用されたんだとか。
「菜の花サミット」の事務局(本部?)から依頼があって、
花を20鉢(だったと記憶してます)出されたんだそうです。
しかし悲しいかな、その花や鉢には「トラタン村」のものであることは何一つ記す術がなく・・・
ただの菜の花の中の一つとしてしか認識されないんでしょうねぇ。
残念、残念。

話は戻って、菜の花祭り。
しかし、気のせいか・・・
行くたびに菜の花の数が減っているような・・・
祭りに参加する人の数も減っているような・・・
いや、いや、これは気のせいです。気のせい。
そんな口に出すのもはばかるようなことは、あってはなりませんから。
ただ、写真撮る時のアングルにはかなり気を使いました。
ばれますから。菜の花の数と、参加者数が・・・

五橋HPに何が起こった?【932杯目】

2005年4月 1日(金)

やっちゃいました。
トップページ。花見シーズン真っ盛りの4月にぴったりのこのお酒。
「今月のおすすめ」のページ内にあれこれ書いてますので、
詳細はそちらで。(手抜きじゃありません)

手抜きといえば・・・
毎月のことではあるんですが、月頭はちょっと・・・更新作業をする時間が・・・
いやいや手抜きではありません。
ちゃんとトップページはやりましたもの。
ところで、先月も月間アクセス数1000HITを達成いたしました。
なんかあったんでしょうか?
なぜこんなに?
どなたが見てらっしゃるんでしょう?
1日5HITでアクセス過多といわれる(?)地方蔵元において、この快挙!
せっかくの(?)エイプリルフールだというのに、嘘をつくこともなく正直な文章。
心に余裕がない証拠です。
7日頃からいつもの軽快な更新に戻る予定ですので、
しばらくはやっつけ更新でご勘弁ください。

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより