1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2005年3月

今日の五橋

今日の五橋

「そうだ花見しよう」って、このコピー・・・【931杯目】

2005年3月31日(木)

世界に数ある酒類の中で、季節感を謳うことができる酒。
そう、それが日本酒。
トップページにはちゃっかり「花見しよう」がリニューアルされております。
ですが・・・
あれれれれれ?
あのコピーってまさか・・・
これって盗作?

有名なコピーをもじってみたんですが、盗作であればご指摘ください。
直ちに修正いたします。
パロディーの類だと認識した上で作ったものですので、悪意はございません。
出典(?)は言うまでもなく、JRさんの「そうだ、京都行こう」であります。
元ネタも書いてますんで、問題ありませんよね?
本当に悪意はありませんので、訴訟とかはやめてください。

とか何とか言っているうちに、今年も4分の1を終えてしまいました。
早いもんです。
季節は春へと移り変わり、一気に花見シーズンへ。
日本列島が桜色に染められるわけでございますな。
美しゅうございます。
もっとも、東北・北海道はまだ冬景色でございましょうから、
列島全体が桜色になるわけではありません。
(ときどき揚げ足を取る方がありますんで、わざわざ注釈を)

桜色といえば、お酒を飲んでほんのり桜色。
花見の宴もこれまた美しゅうございますなぁ。

え?花見に最適のお酒がまだ分からない?
うそでしょ?
いままでに何度もご紹介したじゃありませんか。

磯野家の花見【930杯目】

2005年3月30日(水)

地方では桜の開花宣言が発令されたようでございます。
花見本番でございますな。
当地、岩国では4月3日が開花予想日だそうです。
あと4日。

そういえば、トップページの「花見しよう」のコンテンツから、少しずつご注文をいただけるようになりました。
やっぱ桜に合う御酒は日本酒なんですよね。
テレビのコマーシャルでは「カ○テル○○○で花見」とか、「○○○ビールでお花見を」なんてやってますけど、
季節感を無理に演出しちゃってる感が見え見えで・・・
私なんかは特に購買意欲を刺激されませんが、
一般視聴者は刺激されるんでしょうねぇ。
その証拠に花見の席でのビールの多いこと多いこと。

あっ!今思い出しました。
先週でしたかの「サザエさん」で磯野一家(フグ田一家含む)が花見に行ってましたが、
やはり日本酒(と思われる)を持って行ってましたよ。
しかも一升瓶。
恐らく磯野一家でお酒を飲むのは波平とマスオ。(フネやサザエの飲酒シーンは見たことありません)
な、な、な、なんと!
2人で一升瓶ですよ。
そこまで飲む?
ついでに言えば、彼らは電車移動のはず。
1本2.8KGの一升瓶を誰が運んだのかは知りませんが、大変御疲れさまでした。
主婦が重量感のある一升瓶をスーパーで買わなくなったといわれて久しいですが、
さすが磯野家でございます。

父親及び義兄からの英才教育を受けたカツオ君も立派なドランカーになることでしょう。
そして、タラちゃん。
マスオさんはノリスケさんと一緒に居酒屋で飲む時はビールばっかりだから、気をつけろっ!
すでに若年層の日本酒離れが始まっているんです。
間違いないっ!と、ちょっと古めの流行語で締めくくってみました。

四字熟語??「様様様様」【929杯目】

2005年3月29日(火)

昨日は更新をお休みいたしまして大変失礼いたしました。
五橋一病弱との肩書きに恥じず(?)、体調不良でのお休みでございます。
丈夫な体が欲しい・・・
もっとも、今日も午前中はお休みしておりましたが、お取引先様からのメールが・・・
休んでられません。

今日無理を押して出社してきたのは、韓国への輸出に関する仕事がありまして、
その締切が今日だったのです。
締切が今日というよりは28日に依頼されて、29日対応・・・
あらららら。
まぁ、健康であれば特になんの問題もないご依頼なんですけどね。
結局、病弱が一番の問題ということなのでしょう。

トップページには「ほろ酔い健康法」なるコンテンツがあって、
日本酒は健康に資するなんてご紹介しているんですが、
こう病弱だと信憑性が薄れますですな。
気をつけます。

ところで韓国といえば今まだ衰えぬ韓流ブーム。
世のおば様たち(失礼)はヨン様、ヨン様とお騒ぎのようで、
韓国への旅行者数もうなぎのぼりだそうです。
ヨン様(あるいは冬のソナタ)にうつつを抜かしたおば様が家庭を顧みなくなり、
「冬ソナ離婚」なる現象も起こっているとか。
おそろしや、おそろしや。

その韓国へ五橋進出というわけです。
ヨン様が「五橋おいしいです」なんて言ってくれたら、五橋も韓国発の一大ブームを巻き起こせるんでしょうな。
ヨン様に期待です。
話は代わりますが、
様様様様と「様」を4つ書いて、ヨン様と読ませる四字熟語(?)があるらしいです。
ということは、
橋橋橋橋橋で、五橋ですか。はっはっはっはっは。
・・・・・・まだ病み上がりですので。

先日読んだ新聞(雑誌だったかも)に書いてあったプチ韓国情報を一つ。
韓国といえば、キムチ。
韓国を代表する食品です。
その歴史はずいぶん長いであろうと推測されます。(いつからなのかは調べてません)
今のご時世ですから、大量生産的なキムチも存在するのではありましょうが、
韓国という国に根付いたキムチは韓国のスローフードといって言い過ぎではありません。
韓国旅行に行かれた方の御土産もキムチが上位にあるようです。
(ヨン様グッズはおいときまして)

ところが、このキムチ。
おみやげ物用に売られているものの約90%は朝鮮産ですって。
そういえば、中高年の方はキムチといわずに「朝鮮漬」と言ってらっしゃる。
本質を見抜かれてたんですねぇ。

今年も掛け留【928杯目】

2005年3月25日(金)

あらららら、異常気象です。
3月下旬に積雪ですって。
昨日夕方から降り出した雪は、梅の花咲く岩国地方を白く染めたとさ。
昨日はまさに雪月花を愛でるにふさわしい日でございました。
この間「暑さ寒さも彼岸まで」なんて書きましたけど、彼岸を過ぎて寒さがぶり返すなんて。
こりゃホント異常です。

ところで、昨日まで曜日の表記が間違っていたのお気づきになりました?
五橋HPファンの方からご指摘いただきまして、慌てて修正です。
さすがにファンの方は細かいところまでチェックしてらっしゃる。
気が抜けませんです。

ここ最近くだらないことばっかり更新しているうちに、明日は掛け留ですって。
早いものです。
私もすっかりサボり癖がつきまして、ほとんど蔵に上がることがなくなってしまいました。
なので「今日の五橋」の中で仕込みの風景などをご紹介することも減っちゃって・・・
その分副杜氏の森重が「酒造り日記」をやってくれてますんで助かってますが。

明日は仕事終了後に掛け留の祝の宴です。
半年間ためにためたストレスが発散されるのでありましょうか?

トルコの国花はチューリップ【927杯目】

2005年3月24日(木)

昨日アップした「第5回 酒肴三昧」のお申し込みは締め切りました。
「なんじゃそりゃ!」と突っ込まれそうですが、しょうがないんです。
定員に達してしまったんですから・・・

第1回目は100人定員で開催しまして、かなりの方をお断りしました。
で、2回目、3回目は定員を増やしたんですよね。
それでもオーバーしちゃって・・・
ですがやっぱり人数が多すぎると充分なおもてなしができないだろうということもありまして、
100人に減らしたわけなんですが・・・

まだ後1ヶ月もあるのにすでに定員に達してしまいましたよ。
はぁ・・・。
それだけ皆様からのご期待が大きいということなんだろうと考えるのではありますが、
大きすぎる期待はちょっと・・・
それでも社員一同精一杯努めさせていただきますので、お申し込みされた方はお楽しみに。
残念ながら間に合わなかった方、また来年ということでお願いいたします。

それはそうと、昨日の国花の件、早速情報が入りました。
国花は存在するんだそうです。
もちろん日本は桜。
五橋HPの大ファンで、敬虔なゴキョウチャン(五橋信者)の方からの情報でした。
ありがとうございました。
ちなみにトルコの国花はチューリップらしいです。
先のゴキョウチャンからの情報です。
でもなんでトルコ?

花見しよう【926杯目】

2005年3月23日(水)

イベント情報に「第5回 酒肴三昧」アップしました。
昨日予告して今日更新。
いつもながらの(?)すばやい対応に、きっと皆さんご満足。
いやいや、自己満足でございます。

そんな話は置いときまして、「花見しよう」ページはご覧になられました?
暑さ寒さも彼岸までなんて昔から言うようですが、先週が彼岸の入り。
寒さは終わるのでしょうねぇ。
会社そばの土手では梅が満開。
梅が終われば桜ですよ。
日本人が心から愛する国花、桜。
国花、桜を愛でる時には国酒、日本酒がふさわしい。

で、その宴にふさわしいお酒は・・・
「花見しよう」でご確認くださいませ。

ところで、国花って言い方はないですよね?
正式にはなんていうんでしょ?
ご存知の方教えてくださいませ。

言い訳にもならない言い訳【925杯目】

2005年3月22日(火)

連休明けでボケてるわけじゃありませんが、
更新は短めで失礼させていただきます。
短めにというよりは、「数行で」なんですが。
得てしてこういうときに仕事は集中するものです。
昼休みにもいろいろありましたんで、更新がままならぬ状況。

「昼休みにも忙しくしてるのか?」
と、ご心配のあなた。
ご心配なく、ただ無駄話で時間をつぶしてただけです。

今週中には酒肴三昧の情報をアップさせていただきます。
ゾクゾクとお申し込みをいただいてますんで、
アップする頃には残り数席ということにもなりかねませんが、ご了承くださいませ。

というわけでやっつけ更新でした。
申し訳ありません。

世代交代がうまくいったワケ【924杯目】

2005年3月18日(金)

今度こそ春です。
会社そばの土手沿いには梅の花が咲き始めました。
春ねぇ。

本来ならここで、梅の写真を盗ってご披露申し上げるところですが、それはしません。
写真を撮りにいく時間がなかったからです。
で、春といえば、酒肴三昧です。
近々アップしなければならないんですが、今日はしません。
時間的余裕がないからです。
春が過ぎれば田植え時期。
となれば「米作り酒造り体験」が今年も企画されています。
バシッと参加者募集してもいいんですが、今日はしません。
まだ時期的にちょっと早いかな・・・

まぁ、要するに今日はこれといった更新をしないということです。

その代わりといってはなんですが、「酒造り日記」がアップされています。
昨日行われた山口県の新酒鑑評会の結果報告でございます。
このページではあえて発表いたしません。
これは時間とか時期とかいった理由ではなく、
製造社員の作っているページもたまには見ていただきたいという、
素直な気持ちからでございます。

新生五橋はどのような評価を得たのか?(もっとも、この結果がどうというわけではありませんが)
前杜氏、吉永氏が安心して引退できた理由がそこにあります。

持病が再発【923杯目】

2005年3月17日(木)

昨日も更新をお休みいたしまして、失礼いたしました。
今月頭に治療した花粉症が再発!
で、またまた再治療に行ってきました・・・
おかげで今日はすっきりご機嫌ちゃんです。
さらに一日雨が降っていまして、花粉が飛ぶことすらままならぬ状態。
天は我に見方せり。

気が付けばアクセス数も30000を越えていて・・・
いつもの感謝更新もできませんで・・・
次は40000ですね。
いつになりますことやら。
まぁ、単純計算では約333日後。(10000÷30【1日期待のアクセス数】=333)
約1年じゃないですか・・・
はぁ・・・

参考までに(参考になりませんが)、某人気アニメのサイトをのぞいてみると、
な、な、なんと!3149125アクセス!
なにー?
五橋HPの100倍っ?

愛と勇気だけが友達のパンお化けに負けるとは・・・
もっとも、ちびっ子に大人気のアニメですから負けて当然ですが。
何を書いているのか分からなくなってきましたので、このへんで。
バイバイキーン。

花見向上委員会【922杯目】

2005年3月15日(火)

そろそろ本格的な春になるでしょうから、少し早めではありますが花見関連ページを作りました。
商品はもちろん、あれ。
「花」のあるお酒を集めてみました。
もちろんここにご紹介していないお酒でも、花見は十分楽しめるんです。
でも、「ただお酒そろえました」じゃ、味も素っ気もないじゃありませんか。
幹事の方のセンスがここで問われるんです。

4月になれば新入社員が入社してくる会社も多いことでしょう。
入社して一番最初の仕事が花見の席取り。
あるいは花見の宴の買出しです。
先輩諸氏は新入社員に適切な指導をしてしかるべきなのです。
もっとも、適切な指導を怠るととんでもない酒を飲まされることになりますから、
情けは人のためならずなのです。(情けではありません・・)

皆様が楽しい花見の宴を迎えられますよう、「花見向上委員会長」の私がご指導いたしましょう。

花見のために 其の1 「花見は日本文化。日本文化にふさわしい酒を選ぶべし」
(解説)日本文化にふさわしい酒とは、言うまでもなく日本酒。
しかし、いつでもどこでも飲める日本酒では、1年に1度しかない花見を台無しにします。
経済性や利便性を求めて大容量パックを買った日にゃ、
入社と退社の期間が短くなる恐れがありますから、ご注意を。

花見のために 其の2 「周りにもたくさん人がいる。人からうらやましがられるお酒を選択すべし」
(解説)花見の宴に桜の花から分離した「桜酵母」で醸したお酒って素敵です。
あれほどまでに美しい桜の花々、その花よりもなほ、美しく香る酒がある。
この時期に飲まずにいつ飲むの?
きらびやかな錦の上に花を添え、美しいものをさらに飾る。
なんとも贅沢なものです。そんなお酒が・・・ありました。
これ以上は言いません。
センスの良さがピピッと光る。
「いいなぁー」と周りの人がよだれ垂らしまくります。

花見のために 其の3 「時代遅れの焼酎の選択は避けるべし」
(解説)終焉を迎えたといわれる焼酎。
まだブームを引きずっている時代錯誤な輩が見受けられます。
「あの人たちまだ焼酎飲んでるー。古いよねー。」
なんていわれるのがオチです。
しかも、どうせ水(またはお湯)で薄めて、味も香りもなくして「飲みやすーい!」なんて言うんでしょ?
いつもみたいに薄めて飲もうとすれば、
一升瓶に対して水(またはお湯)がどれだけ必要か分かります?
焼酎1升に対して、水(またはお湯)が7~8本いりますよ。
荷物運びが大変ですからご注意を。

今年の花見が充実したものになりますように。
春が来た。花が咲いたら、花見をしよう!

雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛しき児もがも【921杯目】

2005年3月14日(月)

先週末は出張に行っていたため更新をお休みいたしました。
予告無しで出張に行ってしまいまして、申し訳ございませんでした。
東京で見かけたあんなことやこんなこと。
このページで書くと問題になりそうですから、
「五橋クラブ」様への迷惑メールで公表します。
会員の皆様お楽しみに。

というわけで、一気に冬に逆戻りです。
朝目覚めると、雪が積もって・・・
暖冬、暖冬言いますけど、冷える時は冷えますねー。
3月半ばに積雪ですもの。

三寒四温なんていいますけど、差がありすぎ。
この間テレビ見てたら、暖かくなったために咲いたなんとか梅。
そこに雪が降り出して、梅の花が凍ってましたよ。
見る分にはきれいでよかったんですけど。

そこで思い出したのがあの歌。
「雪の上に 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛(は)しき児もがも」
大伴家持の詠った歌ですね。
日本の伝統美である「雪・月・花」。
まぁ、こんなこと書いてもまとめようがないんですけど。

気温の変化が激しいですけど、風邪などめされませんよう御自愛くださいませ。
風邪をひいたら、五橋をベースに卵酒などいかが?

今年は岩国寿司実演も。酒肴三昧5th【920杯目】

2005年3月 9日(水)

そろそろ仕事の話もいたしましょう。
最近すっかり私物化してしまった感のある更新ですが、これじゃいけません。
私の使命は五橋を全国に広める宣教師としての役目。
くだらないことを書いて自己満足に浸っているだけではだめなのであります。

というわけで、突然ですがイベント情報をご案内いたします。
「イベント情報」のページにはまだアップしていませんから、何やら本末転倒のような気もしますが、
ま、それはそれ。これはこれ。

で、そのイベントとは春恒例の酒肴三昧。
今年で5回目を迎えるのであります。
5回目といえば、そう、五橋の5!
記念すべきイベントになるのであります。
今回はずっと続けてきた「そば」はとりあえずお休みします。(お休みじゃなくて終わりか?)
基本に帰るという意味で「地産地消」がテーマになるようで、いろいろ企画がされているようです。

岩国といえば氏盛料理といわれる料理が伝統料理です。
これは、岩国寿司、大平(おおひら)、レンコンの三杯(酢)。
こういった地元の料理がテーブルに並ぶことになるのでしょうか?
岩国寿司って皆様ご存知ですか?
今日は詳しくは書きませんが、押し寿司の一種です。
型の中に酢飯やらなにやら具を入れて、足で(!)踏み固めるのでございます。

吉川のお殿様に献上する際に、寿司職人(?)が目の前で実演するわけですが、
お殿様に供するものを足で踏むとはけしからん!と家来が腹を立てます。
それを「まぁ、良いではないか」となだめたお殿様。
あららー、心の広いお方だわー。
その心の広いお殿様のおかげで、今日の岩国寿司があるわけですな。
ただ、残念なのはそのお殿様が誰だったのか、私が覚えていないこと。
いつか調べておきますです。消えかけた記憶を引っ張り出してのむりやり豆知識でした。

酒肴三昧に関する情報はまた少しずつご案内させていただきます。
あ、そうそう開催日は4月23日(土)
会場は「錦帯橋温泉 ホテルかんこう」でございます。
会費7000円(税込)で、定員は100名。
昨年、一昨年は170名を越える方にお申し込みいただいたのですが、今年は少人数で行います。
ご興味をお持ちの方はとりあえずこちらからお問合せください。→酒肴三昧係
仮予約もお受付いたします。(まだ準備の方が・・・)
例年定員を超えるお申し込みをいただきます。
お早めにお申し込みくださいませ。

決して一人では見ないでください【919杯目】

2005年3月 8日(火)

すっかり春の陽気でございます。
啓蟄も過ぎ、虫がわき出て(?)まいりました。
ついついうたた寝してしまいそうな、今日の良き日にお伝えするのは「私の恐怖の体験談」

全くのプライベートの話で申し訳ないんですが、
一昨日結婚式に出席してきました。
そこで起こった恐怖体験。
決して一人では見ないでください。

盆、正月、ならびに慶弔時。
これが3大親戚が集うイベントです。(私調べ)
そして慶弔時につきものなのは酒。

「いやぁ、最近酒に弱くなって。」
「ちょっとですぐ酔って・・・」
こんな会話があちらこちらで聞かれるようになったら要注意。
絶対にあの話題が出てきます。
「ビール飲んだ後はすぐ焼酎。日本酒はもう飲めん。」
「やっぱり焼酎がええのうー。ワシは毎晩焼酎のお湯割。」

な、な、な、なにー?
酒造メーカーに勤める私の目の前で、そんな戯言をのたまうとはーっ!
挙句の果てに「お前のところじゃ焼酎は造っとらんのか?」などと・・・
うっうっうっ。
嘆かわしいじゃありませんか。
私の伯父レベルでこういう会話になっているとは・・・

あまりにも悔しいから、「焼酎はあるけど売らんよ。日本酒なら売ってもいいけどね」と答えて差し上げました。
「なら、いらん。」とは伯父の言葉・・・

気が付けば、2時間ほどの披露宴の中で日本酒を飲んでいる出席者は皆無。
乾杯はスパークリングワイン。
その後にビールが出てきたと思ったら、ほどなくして焼酎の水割りが・・・
結局最後まで日本酒は出てきませんでしたとさ。
(私は個人的な事情により車で行ったため、ウーロン茶オンリーでした)

聞くも涙、語るも涙の恐怖体験。
私と同じ思いをしたことがある人は決して少なくないはず。

三々九度はもちろん行う。
乾杯は日本酒で。
ケーキ入刀の代わりに鏡開き。
そんな結婚式及び披露宴。
いったいどれだけあるのかしら?

早い、安い、うまい【918杯目】

2005年3月 7日(月)

まだまだバタバタしてます。そろそろ落ち着かせないと・・・
今週末は出張もあるのです。
ハフー。

それはそうと、春なのにまだ一度も話題になっていないあの話。
皆さん気になりません?
あれはどうなったんだ?今年はどうなってるんだ?
ヘタすると五橋の新商品情報なんかより、注目されてしまうかもしれないあの話。
そう、花粉症。

すっかり春の風物詩になってしまいました。
歳時記にも花粉症が春の季語として掲載されている・・・かどうかは知りません。
花粉症でお悩みの方にとっては、ホントただのアレルギーじゃありませんものね。
酒なんかいいから、五橋WEB MASTERの花粉症の悲哀を笑い飛ばしたい。
そうお思いの方もいらっしゃることでしょう。

ですが、残念!
私早々に治療に行ってまいりましたよ。
症状が出てわずか4日というスピード対応。
さすが五橋HPの更新も迅速に対応する男でございます。

(更新が)早い。(時給が)安い。(文章表現が巧みで)ウマイとは私のこと。
酒の話を一切せずに清酒メーカーの公式サイトだと言い張る図々しさも持ち合わせています。(^。^)
そろそろお酒の話もしたいですねぇ。
いや、しなくちゃですね。

テレビ取材でしどろもどろ【917杯目】

2005年3月 4日(金)

テレビ取材がありました・・・
しどろもどろでした・・・
来週ON AIRらしいです。

今日は午前中が取材。
午後から研修がありますんで、更新はこの辺で。
短くてごめんなさい。
 

梅の季節に起こった「桜田門外の変」【916杯目】

2005年3月 3日(木)

ひな祭りの日を迎えると「そろそろ春だな」と感じる私でございます。
暦の上での春、立春から1ヶ月遅れでございます。
旧暦では今日は1月23日ですって。
やっぱ2月から春なんですねぇ。
と思ってたら、今週末は山口地方は雪の恐れ!
な、な、な、なんと!
まぁ、まだ仕込みが残ってますから、冷えるのは別に良いんですが。
神様が新杜氏の後押しをしてくれているのだと考えれば、恵の寒気。
ありがたやー、ありがたやー。

ところで、3月3日ひな祭り。これは常識。
では、ひな祭りはどうして行われるのでしょうか?
さあー、ちょっと「今日の五橋」らしくなってきましたよ。
文献からちょっと引っ張ってきたことを、いかにも自分の知識のように見せびらかす技術。
腕の見せ所(?)でございます。

1年で一番盛り上がるイベント、クリスマスでさえ、なんの日か知らない人がいるっていうんだから驚きです。
バレンタインデー、ホワイトデー、こうしたイベントも盛り上がりますが、
当然そのいわれはご存じない。
ひな祭り何するものぞっ!ってなもんでしょうね。

以前書いたことがあると思いますが、恋愛感情を巧みに利用したイベントは成功するんですよね。
先に書いた3つともそうでしょ?
ハロウィンがいまいち浸透しないのは恋愛感情を利用できてないからなんです。
あらあら、話が脱線してきました。

本線は、「ひな祭りはどうして?」ってことでしたね。
しかし!今日は私は答を言いません。
宿題にしておきます。
答が分かった方、あるいはすでにご存知の方は自己満足に浸ってください。
答が分からない方、あるいは調べようとも思わない方。
ま、そりゃそれでいいですが、そんなあなたに豆知識。

3月3日は「桃の節句」だというのに、「桜」に関連する事件が起こってます。
なんじゃ?そりゃ?
答はズバリ「桜田門外の変」!
1860年3月3日大老、井伊直弼が城に向かう途中、水戸藩の浪士によって殺害されたというあれです。

「梅も咲かない、桜もまだだ。ちょっぴり早いがあれにしよう!」
花に例えりゃまだつぼみの、今の時期にぴったりのこのお酒。
(本物の)花のつぼみを見る前に、お酒のつぼみを楽しまれてはいかが?

バタバタが加速する【915杯目】

2005年3月 2日(水)

毎月のことですが、前半4日くらいはなかなか満足行く更新ができません。
例によって月初めのバタバタにおわれているのであります。
しかも、バタバタしている時に限って電話が鳴ったり、
@@があったり、**が##になったり。
というわけで、いつものようにこの辺で更新終わりです。

気分新たにバックナンバーとかをご覧になられるというのはいかがですか?
私もたまに(家で)見ることがありますが、このセンスのよさは昔から変わらないのですよ。
ビックリいたします。

週明けくらいにはバシッといけそうです。
(これは暗に明日、あさってはできそうにないということを意味してますので、あらかじめご了承ください)

快挙再び【914杯目】

2005年3月 1日(火)

ありがとうございます。
先月に引き続いて月間1000アクセス達成でございます。
しかも2月は28日しかありませんから、こりゃ五橋HPにとっては大快挙!
これを記念して、今日の更新は短めに(←なんじゃそりゃ?)
というより月頭はやっぱり・・・
今日は昼休みは電話当番でしたので、更新できませんでした。
それでも「今月のおすすめ」だけはやってますんで、ご覧ください。
去年と同じ・・・

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより