1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2003年5月

今日の五橋

今日の五橋

2006年人類滅亡説・・・憂鬱【494杯目】

2003年5月30日(金)

今朝の通勤途中にうつむいて登校する小学生を見ました。
「何を悩んでいるの?その小さな胸で
何を見つめているの?そのつぶらな瞳で
何を感じているの?その純真な心で
さあ、顔を上げて!太陽に向かって・・・」
などといった詩的な感情を持つことは一切無かった私。
私の前をとぼとぼ歩く彼に「早くどいてくれ」と心の中で・・・

今日の曇り空のようなくらい気持ちでの更新です。
6月の台風上陸が心配される中、昨日のテレビでは2006年人類滅亡説が!(テレビの見すぎ)
先日の東北の大地震、季節外れの台風と自然災害が日本を襲う!
「天災は忘れた頃にやってくる」とはまさにこのこと。

そこで納得です。今朝の小学生が憂いていたのが。
まさか子供には「五橋」を飲んで嫌なことを忘れようとは言えません。
無理やりに酒の話題に持っていこうとした私の姑息な手段も、空振りです。
あー、憂鬱。
この憂鬱な気分は家に帰って「晴るる」を飲んで気分が晴るる・・・(サブッ)

 

メル友が実際に会うとこんな気持ちなのでしょうか?【492杯目】

2003年5月28日(水)

本日五橋クラブのある会員様が蔵元見学にいらっしゃいました。
ネット上だけでのバーチャルな世界だけでのお付き合いだったものが、
ある日突然現実に変わるわけです。
普段の更新で適当なことを書いて、
月に一度の迷惑メール(会員様に送らせていただいているいんちきメール)でも好き勝手に・・・
やっぱ、顔をあわせるとなると恥ずかしいものです。
ドキドキ。

で今日は新酒鑑評会の一般公開。
製造担当者たちは皆そちらに行ってしまいまして、今日の蔵見学のご案内は私。
せっかく関東からお越しいただいたのに、私如きのご案内で申し訳ないことを・・・
ご案内の途中で「ここはHPに載っている・・・」なんて、
泣かせるじゃありませんか。
五橋HPを見たことがない社員がいる中で
こんなに真剣に五橋HPを見ていてくださる方がいらっしゃるなんて・・・うっうっう・・・涙で字が・・・

五橋HPを見ていてくださる方が身内以外にいらっしゃることを再認識した一日でした。

ドット文字対策協議会【491杯目】

2003年5月27日(火)

五橋HPに対してあるmacユーザー様からご指摘いただきました。
拡大している文字がドット文字になっているとのこと。
ドット文字になってる?←こういう風に拡大した文字

今までこういうご指摘はなかったのですが、
初めからそういうもんなんだと思われていらっしゃったmacユーザー様もいらっしゃったことでしょう。
ご迷惑おかけいたしました。
今後気をつけ・・・ん?
何を気をつけたらいいんでしょう?
どうしたら良いんでしょう?
私には分からないのです。

で、このページのタイトル「今日の五橋」のフォントを「MS UI GOTHIC」に変えてみました。
特殊フォントではないですから、まともに表示される・・・かも・・・しれ・・・ぬ。

もし駄目だったら残された選択肢はあと二つ。
私が拡大文字を使うのをやめるか、
WINユーザーになるか!でございます。

ほかに何か対策法をご存知の方は教えてくださいませ。よろしくお願いいたします。
ドット文字対策協議会へ


 

五橋のHPはうざい【490杯目】

2003年5月26日(月)

先週の更新で新酒鑑評会金賞受賞のご報告を申し上げました。
で、それに併せてトップページを金賞受賞記念フォームにしております。
が、「うざい!」とのお言葉が!
私も重々承知しております。
どう考えてもうざいです。あのページは。
ですが、ああでもしないと誰も知ってくださらないでしょ。
特に間違えてこのサイトにこられた方は「今日の五橋」のページなんか見てくれませんもん。
それが、いきなりトップページで「ありがとう」って書かれてあったら、興味を・・・そんなわけないか

ところで、ようやくなのですがYAHOO!に正式に登録いただきました。
ありがたいことです。
今までは「五橋」で検索すると、
「五橋研究所」(五橋とは何の関係もありません)
「五橋苑」(五橋に関係ある団体ではございません)
「CYBER ほいとう獅子」(もう何のことだか分かりません)
の3つしか検索できなかったのですが、今回から五橋も仲間入り!
ありがたいことです。グラッチェ!グラッチェ!

これでアクセス数も大幅アップするはず。
メジャーデビューを果たした五橋HPにご期待ください。

金賞受賞酒は販売いたしませんm(__)m【489杯目】

2003年5月23日(金)

ありがとうございます。
おかげさまで平成14酒造年度 新酒鑑評会において金賞を受賞いたしました。
今年は山口県から7場が金賞受賞。2場が入賞ということになったようです。
毎年この時期は各蔵がそわそわ落ち着かない時期でして、
酒を造った当事者である杜氏、蔵人達のそわそわぶりも季節の風物詩。
もっとも、五橋は金賞受賞のイベントごとはやりませんのであまり関係ないといえば関係ないのですが、
まぁ、名誉といえば名誉。ありがたいことでございます。

で、今回初受賞の蔵元さんなんかもあるんでしょうが、
毎年お決まりのヤツをやられるんでしょうね。
「金賞受賞酒」とか「金賞受賞蔵」とか今まで出していた商品にシールを貼って、
あたかも特別秀でた商品のようであるかのように売り出す販売促進。
特に普通酒に「金賞受賞蔵」なんて貼り付けて出すのは最悪(言いすぎでしたらごめんなさい)。
だってそうですよね。
普通酒を出品したわけではないですから。
あたかもその酒が金賞に関係があるかのように・・・

勝って兜の緒を締めよ。
金賞受賞に浮かれることなく、さらに邁進を重ねることこそ本道。
金賞を商売に利用しちゃいかんのです。
なんて姿勢の五橋だから「金賞受賞酒」商品の販売は行いません。
あしからずご了承ください。

自販機天国JAPAN【488杯目】

2003年5月22日(木)

昨日に引き続いてセミナー参加情報です。
ちょっと豆知識として知っておいていただければよいのですが、
コンビニエンスストア全体の昨年の売上が約6兆円。
それに対して自動販売機の総売上額はな・な・な・なんと!7兆円!ですって。
ビックリ!

もちろん酒だけの話ではありません。
食料品から雑誌、ジュースにいたるまで全てです。
しかしすごいですねぇ。
「自動販売機は手抜き販売」って言っちゃうと問題があるんでしょうが、
商品説明無しでもこれだけの商品(金)が動くんですよね。
店の前にズラーッと自動販売機が並んでいて、奥に御主人が座っているわけです。
お客さんは主人には目もくれずに機械に金を入れて、ボタンを押す。
商品が出てきてはい終わり。
なんとも味気ないじゃありませんか。
人里はなれた山奥ならいざ知らず、主人が奥に座っているだけで商品説明も無いなんて・・・

もっとも、私もかなり自動販売機は利用してます。
店で店員に付きまとわられたら気分が悪いです。
だけど、何か切ないですねぇ。利便性だけを求めた買い物・・・

あ!利便性といえばネット販売なんかも便利な商品購入方法ですよね。
で、近々「父の日」なるイベントが行われます」
「父の日のプレゼントを探してるんですけど~」
あります。あります。知りたい方はこちらへ→
ん?ここで素朴な疑問。
未成年者がお父さんへの贈り物にお酒を買うことは許されるのでしょうか?
「未成年者には酒を売ってはならない」ということになっているのですが・・・

父の日3倍返し【487杯目】

2003年5月21日(水)

昨日は更新をお休みいたしまして申し訳ありませんでした。
予告しておけばよかったんですが、出張だったのであります。
今回は東京日帰り出張!初体験でございました。
始発で行って終電で帰る。
フゲー、4時間の講習のために往復10時間とは・・・
日本は狭いのやら広いのやら・・・

で、そのセミナーの雑談の中で出てきた話題をひとつ。
今、旬の父の日関連でございます。
父の日のプレゼントでお困りの貴方にそーっと教える極秘(?)情報!
というか、極秘でもなんでもないんですが、地方ネタですので関係ない方は全く関係ございません。
北陸地方には「父の日3倍返し」という恐ろしい掟があるのだとか。
その名の通りなんですが、父の日に1000円の贈り物をもらえば3000円の、
5000円のものをもらえば15000円のお返しを・・・
あーっ、考えるだけでも恐ろしい。

ん?このページをご覧の北陸地方の皆さん、こんな贈り物はいかがですか?
きっと貴方のお父さんも大満足。
1700円の商品ですから、3倍返しで約5000円のものがもらえます。(あの話が本当なら)
興味のある貴方はこちらをクリック。→さあ、どうぞ!

豊年エビ【486杯目】

2003年5月19日(月)

やっと終わりました。田植え会。
終わりといってもこれが始まり。
7月には稲の生育状況の見学
9月は稲刈り。
11月にはその米で仕込みです。
約半年間の長期イベント。
当初、参加者があまりにも少なくて慌てましたが結果的には12組32名のご参加者!
助かりました。ありがとうございました。

15.5.19.jpg「ありがとう」といえば天気です。
週間天気予報などでは当日は曇りのち雨、降水確率40%(60%との予報も)だったのですが、
雨一滴も降りませんでしたぞ!わーはっはっはっはっは!
気象予報士の皆様残念でした。
田植え会参加者の方々の日ごろの行いの良さが好天を呼んだわけでございます。
幸先良いスタートに一安心。
田んぼには豊作の前兆である「豊年えび」が私たちを迎えてくれました。
子供たちに捕まえられてひどい目に・・・祟られなければ良いのですが・・・
で、昨日の田植えの様子をアップしました。小学生達の勇姿を特とご覧あれ!

最後のお願い【485杯目】

2003年5月16日(金)

奄美はすでに梅雨入り!
私の心も雨模様。
だって明日の田植え会、参加者がなかなか集まらないから・・・
などといっている間にもうあと4時間で今日は終わり(営業時間が)。
ひえーっ!ヤバイッ!
って慌ててみてもしょうがない。
という感じで涙模様の今日の五橋。
やっぱ告知が足りなかったんですかね。
今回ばかりは準備不足の感が否めませんです。うーん・・・・・

まぁ、もう少し前向きに考えましょう。
昔から「美味いものは小人数」って言うじゃないですか。
自分が米を作り、その成長過程を見て、自ら刈る。
その米を仕込み、酒にして飲む。あるいは炊いて食べる。
こんなすばらしい感動体験を少人数で分け合えばいいんです。

「皆が経験したことないことをやったんだ」という・・・自己満足(?)いやいや「満足」です。
モノを生み出す感動は実際に体験してみなければ分からないんです。
ここまでの更新を読み進めてきて「自分も子供に・・・」と思われた方!
まだ間に合います!
皆で感動を分かち合いましょう!
感動はなるべく大勢で・・・ん?なんか矛盾してません?

本当にお願いします!是非、是非!
今日の午後5時まではこちらに→メールお願いいたします。

父の日に日本酒をどうぞ【484杯目】

2003年5月15日(木)

父の日用のお酒のページをアップしました。
本来なら、ご注文をお受付できる5月22日からアップするのが望ましいのでしょうが、
ネタ切れですので、こうして前倒しでご紹介させていただいているわけです。
うーん、日本経済と同じく私のネタも逼迫して、まさに風前の灯・・・ヒュー・・・・・・

昨年までは本醸造の生酒にオリジナルラベルを貼り付けてやっていたのですが、
1本500円というデフレ価格のため、「もう少し高めの価格帯の商品はないのか?」とのご要望が・・・
そこで、五橋の小回りのよさ。
今年は1本1700円の純米吟醸をご提案というわけであります。
贈るお父さんに合わせて選べる3種類のラベルが気が利いているじゃありませんか。
普段頑固な雷おやじも、今年の父の日に限っては、
涙をぼろぼろ流し、「ありがとう、ありがとう」と・・・
五橋が皆様の家庭円満を演出するわけですね。

で、親子でこの純米吟醸を酌み交わし、その酒の美味さにまた涙する・・・

久しぶりの五橋の罪作り商品!
今年の父の日は6月15日でございます。
そしてその日はなんと!2年に一度の社員旅行(^。^) (また書いてしまった)
社員旅行で浮かれてますんで、父の日に近づくほど事務所の対応が悪く・・・(そんなわけありません)
最寄の小売店さまでもお買求めください。
もちろん蔵元直送でも対応いたします。(そのための注文フォームですもんね)
お買求めはお早めに。

自転車操業更新【483杯目】

2003年5月14日(水)

イベント情報で公開していた「酒肴三昧 フォトギャラリー」を削除しました。
いつもは面倒くさがってなかなか削除しないんですが、
ネタ作りのために削除したわけです。
自転車操業でネタを作らなければならないというのが切ないところです・・・

ところで、蔵元だより夏号がそろそろ配布されます。
されます。というか、いたします。
今回のテーマは・・・まだいえません。
なんとなく季節にあったテーマのはずです。
以前どこかで書いたことがあるのですが、
日本酒の良さっていうのは、季節に合わせた楽しみ方があるってところだと思います。
寒ければ温めて、暖かければ冷やして。
甘口があって、辛口があって、農醇、淡麗、香りがあったり・・・
はぁ、なんて日本酒ってすばらしいんでしょ。

なのに昨日、某国営放送では焼酎の番組を放送されたようで。
うーん、国家ぐるみで焼酎の後押しか・・・
日清・日露の戦費は酒税で賄ったといわれるくらい日本酒(酒税)はお国のために貢献してきたのであります。
しかし、15年度に焼酎に酒税で抜かれる見込みとか(酒税だけでなく移出数量も・・・)

5月も中旬に入っていますが、雨ばかりで気温も上がりません。
景気もなかなか上向きませんし。
上がるのは税金くらいのもんでしょうか。ふー。

あっ!ありました税金のほかに上がるもの。
清酒五橋の品質です。五橋の品質は毎年右肩上がりのインフレ酒質。
知能指数をIQなんて表しますが、五橋の酒質の高さはGQ(GOKYO QUALITY)で表されます。
今年のGQは250・・・
はーっ、何書いているのか分からなくなりました。今日はこの辺で。

粕取り焼酎の蒸留を再開しました【482杯目】

2003年5月13日(火)

にわかに会社内が慌しくなってきました。
といっても私だけかもしれませんが・・・
週末に控えた米作り酒造り体験は、事前告知のまずさから、今日現在でまだ定員に達していない・・・
6月1日には季節商品(6月~9月)のひやがでます。
6月中旬には父の日の企画商品が。(今度改めてご案内いたします)
そして社員旅行(^。^)
7月1日発売になる商品などもあり(まだヒ・ミ・ツ)、
バタバタのバタコさん(意味不明)なのであります。

ところで、粕取り焼酎の蒸留も順調にすすんできているようです。
(ネタが無いのでこういう話題でごまかします)
まだ出荷時期や商品化する際の内容など何にも決まってませんで、
味わい情報も何もお伝えできません。
残念でございます。
が、ひとつだけいい情報を。
粕取り焼酎をテイスティングした社長は「美味い!」といっていました。
先日きき酒チャンプになった村上三夫も「いい味してる」といってました

あー、皆様のお手元にお届けできるのは何年後になるのでしょうか。
首を長くして・・・・・伸びすぎてちぎれちゃいますかね。

初めてのイベントはちょっと不安【481杯目】

2003年5月12日(月)

米作り酒造り体験を今週末に控えて、一番心配されるのが天気です。
ここ数日ぐずついた天気になっておりますので、当日雨が降っちゃったらどうしましょ・・・
まぁ、それ以前にご参加者数の確保という大問題も・・・
残すところ一週間のこの時期が、一番精神的に追い込まれるのです。
あれはこれはと考えているうちに時間だけが無駄に過ぎ・・・
当日てんやわんやで・・・
もっとも、こういう状態は各イベントで体験済みでもう慣れっこなんですが。

というわけで、ということではないのですがちょっとバタバタしてます。
週明けの更新を楽しみにされている100万(推定)五橋ファンの皆様、申し訳ないのですが、
今日は簡単な更新で。

米作り酒造りイベントにもぜひご参加ください。
も少し定員に余裕があるようです。
 

5月9日はゴキュウ・・・ゴキウ・・・ゴキョウ・・・五橋の日【480杯目】

2003年5月 9日(金)

確か一年ほど前にも書いたことがあると思いますが・・・
と書き始めたところで、
「あー!」と気がつけばかなりの五橋フリーク。
「いー!」と知った振りをすればエセ五橋フリーク。
「うー!(マンボ!)」と踊りだせばただのダンサー(?)。
「えー!」と考え込めばプチ五橋フリーク。
「おー!」とそろそろ思い出される頃でしょう。

そうです!
今日は待ちに待ったあの日でございます。
5月9日は59(ゴキュウ)で、ゴキュウ・・・ゴキウ・・・ゴキョウ・・・五橋の日なのであります。
私が昨年そう決めました。
社長の了解は取ってありません。
カレンダーにも載っていません。
でもいいんです。ただの自己満足ですから。

これを毎年繰り返せば、熱心な「今日の五橋」ファンの皆様には伝わるはずです。
来年の今日、私が更新に書かなくても、皆様が「あー、今日は五橋の日だな」と思い出してくれますように。
「日々是洗脳」地道な活動がいつか花を咲かせ実をつけ・・・るのでしょうか?(五橋の日はちょっと無理が・・・)

きき酒チャンプ再び【479杯目】

2003年5月 8日(木)

mituo.JPGまたまたやってくれました!村上三夫!
過去に何度かご紹介したことがあると思いますが、
彼のきき酒能力は山口県一!(大会で)

昨日、山口県酒造組合連合会で行われた聞き酒大会で見事優勝!
これで何度目なのでしょう。
少なくともこのページで3回目のご紹介のはずですが、
それ以前にも優勝してますし、確か昨秋も優勝したような・・・

以前も書いたことがありますが、酒造場ではやはり高いきき酒能力が必要となります。
仕込み期間中、日々酒の味を利き続けてきた彼の努力が今実って・・・

で、今回は多くのマスコミ報道があり、本人少し疲れ気味。
なので、彼のサインが欲しい方は事務所を通してください。
窓口はもちろん私。

祝 五橋HP2周年!【478杯目】

2003年5月 7日(水)

祝 五橋HP2周年!
ありがとうございます。わが五橋の(いんちきっぽい)HPも無事2周年を迎えることができました。
正しくは今日から3年目ということになります。
はぁ~、早かった。

確か昨年はトップページで五橋HPの1周年を祝ったのですが、あれが結構うざいページでして。
何の罪も無い方々にあのページを見せるのは忍びないと、
私猛省したわけであります。
で、今回はこちらからうざいページにリンクさせてみました。
「うざいページよ!ドンとこい!」といわれる粋な貴方様に贈ります。
五橋HP2周年を祝うページでございます。

思えば2年前、本来なら5月1日に立ち上げるはずだったHPも、
私の無知無学のためにデータを転送したつもりになっていて、転送されていなかったのでした。
しかもデータの正しい送り方がわからずプロバイダ(当時はDION)に問い合わせたところ、GM真っ只中。
問いあわせメールを打っても返事が無かったのよ。
ひぇ~。
で、1週間遅れて立ち上げたHPはあの体たらく(当時はです)
今でこそHPコンテストで入賞(!)するようなすばらしい(?)HPに・・・
うっうっう・・・

涙でペンの字がにじんで・・・(キーボードとディスプレイです)

こんな感じで3年目もよろしくお付き合いください。
清酒五橋ともども変わらぬご愛顧いただけますようよろしくお願い申し上げます。m(._.)m

SMILE ¥0【477杯目】

2003年5月 6日(火)

某ハンバーガーショップで「君の笑顔が欲しい」といってみた。
だって笑顔はただだから。

というわけで始まりましたGM明けの「今日の五橋」
以前少し匂わせていたHPのリニューアルはやめました。
思えば2年前にHPを立ち上げて、そのときはGMを潰しました。
そして昨年、「一周年記念にリニューアルするか」と一念発起、またまたGMを潰したわけです。

今年も二の舞かと思われたのでありますが、ここは思い切ってリニューアルの取りやめ。
また時間のあるときにさせてください。
まぁ、あまりころころ変えてもしょうがない、というのはリニューアルをサボった私の言い訳です。

で、6日といえど、5月にはいってまだ3日目の営業日。
月初めはバタバタなのでありますので手短に。
NO PRICEの笑顔で地道な作業にいそしむのであります。

G.W真っ只中だったなんて【476杯目】

2003年5月 2日(金)

明日からゴールデンウイークでございます。
今さら言うような話ではないんですが、とりあえず。
ですが、今朝の新聞だったと記憶していますが、
「ゴールデンウイークの中日」(なかび、ちゅうにちではない)との表現がっ!
知らないうちにゴールデンウイークにはいってたんですね。
んー、恐るべし。

世の中がゴールデンウイーク気分に浮かれているというのに、私は朝からバタバタバタバタ。
まぁ、自業自得といえば自業自得なんですが、月初めからなぜこんなに・・・
バタバタした理由はお恥ずかしくて書けませんが、まぁとにかくバタバタでした。

話がころころ変わりますが、
酒肴三昧のアンケートが少しずつ帰ってきています。
うれしいお言葉やら、真摯に受け止めなければならないありがたいお言葉やら、さまざまです。
今年で3回を数えた酒肴三昧もそば・落語・日本酒の3本柱でやってきたんですが、
お客様からはそろそろ新しい趣向も・・・との声がちらほら。
来年の酒肴三昧に向けて「こういうアトラクションは?」というのがあったらお声をお聞かせください。
酒肴三昧アトラクション係まで
来年の酒肴三昧を良いものにするか、
マンネリで終わらせるかは貴方のご意見次第でございますぞ!(他力本願)

 

モノより思い出【475杯目】

2003年5月 1日(木)

酒肴三昧の余韻覚めやらぬ5月の1日。
そう、今日はメーデーでございます。万国の労働者よ立ち上がれ!
というか、立ち上がっている暇があったら仕事、仕事なのでございます。

で、「今日の五橋」であらためてご案内申し上げさせていただくのが、
「イベント紹介」でもご案内している「米作り 酒造り」の企画でございます。
日本人の主食でありながら、田んぼを見たことが無い子供がいます。(お子様がいらっしゃる)
日本の国酒でありながら、その製造工程を知られていない酒があります。
これからの日本を担う子供たちに知ってもらうべきです。
いや、知らせなければならないのです。
これが先人としての義務なのです。

小学生のお子さんと、その親御さん。2人1組でご参加ください。
普段仕事の繁忙に追われるお父さん(お母さん)も緑一杯の自然の中で、
子供と触れ合えればこれに勝るリフレッシュはありません。
(もしあるとすれば、清酒五橋でのノミニュケーション)
モノを作り出す感動体験。

どこかの車やさんのコピーではありませんが、「モノより思い出」
感動体験を子供にプレゼントするのです。
自分が育てた稲(米)でおにぎりをつくろうじゃありませんか。
自分が育てた稲(米)でお酒を仕込もうじゃありませんか。
そのお酒でお正月を迎えられたら・・・

実は東京からのご参加者もすでに決定いたしました。
残りはあとわずか!お申し込みはお早めに。
(詳細はイベント紹介2のページで)

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより