1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2002年10月

今日の五橋

今日の五橋

SALONE DEL GUSTOご報告【346杯目】

2002年10月31日(木)

長かった出張からようやく帰ってまいりました。
今回の行き先はイタリアでございまして、
スローフードの世界大会SALONE DEL GUSTO(サローネ・デル・グスト)に、
参加してきたわけでございます。
ここ数年来スローフードについていろいろ言ってきたわけで、
それが今回こういう形でこうなったと。
(時差ボケで何を書いているのか分かりません)

で、一週間ばかり会社を開けていたら案の定、あれもこれもと仕事がたまっていまして、
とてもじゃないですが、まともな更新は今日はできそうにありません。
というか、やらないだけなんですが。

お茶濁しではないですが、とりあえず会場の写真だけご覧ください。
また改めましてSALONE DEL GUSTOの様子をご報告させていただきます。

2002.10.31 (1).jpg

上が会場内の様子。日本からは7社が参加。一番手前が我が五橋です。

2002.10.31.jpg

次にいつもながらのシンプルなディスプレイ。
といっても、7社とも共通のレイアウトなのでこれでよいのです。

一番下は試飲会の様子なのですが、
こちらはイタリア人??(世界各国から人が来ていたので分かりません)

升酒で乾杯です。
イタリアではSALUTE(サルーテ)というのだとか。
私の乏しい知識ではチンチンだったと思っていたのですが・・・
(チンチンという人もいましたぞ。よく分かりません)

明日以降の更新にご期待ください。

やっと終わった、OSAKEテラピー【345杯目】

2002年10月21日(月)

「やっと終わった・・・」と書くと叱られそうですが、本心です。
OSAKEテラピーが無事終了いたしました。
昨年の4月に酒肴三昧を初めて企画したときと同じくらいのプレッシャーがあって、大変だったんです。
しかも今回は参加資格が女性だけ!!
山口県内でこんな企画今までにありました?
初めてじゃないですか?不安だらけでしたよ。

もっとも私一人でやったわけではないです。スタッフの皆が思ってたことだろうと思います。
「無事終わるだろうか?」「抜かりはないか?」「喜んでいただけるのか?」

とりあえずは終わったという事実だけで一安心。めでたしめでたしでございます。

ですが、今回ご参加いただいた皆様に、審判を仰ぐべく、アンケート用紙が!
このアンケート用紙が私たちの通信簿になるわけです。
いまや相対評価ではなく、絶対評価の時代ですから、この評価は真摯に受け止めなくては。
学生時代に「優」ゲッターとして名をはせた私も、今回ばかりは自信が・・・

私は特別意識してなかったんですが、会場のスタッフ(リビエールへいあん様)のお話では、
「女性でこれだけ食欲が○○○○○のはすごい。」(ご参加者の人権保護のため、伏字を使用しています)
さらに「食べ物があっという間に△△△△△。アマゾン川に落ちてピラ◇アに食われる牛を見ているようだ」」
(こんなひどいことは言ってません)

男性がいたら「やだー、こんなに食べられないー。もう、お腹いっぱい」なんていう会話がなされた後、
テーブル上には山のように食べ物が残っちゃうわけです。
しかし今回の会は女性限定でしたから、男性の目を気にしなくて良かったわけですよね。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ではないですが、
「女性の正体見たり****」なのです。(失礼です。申し訳訳ございません)

というわけで、壮絶なOSAKEテラピーの余韻覚めやらぬ今日の五橋ですが、残念なお話が。
私今日から出張にまいります。
今回は少し長いので、次回の更新は10月31日(予定)です。
そもそもインターネットというのは世界のどこからでも更新することができたりするわけですが、
私がパソコン音痴なために、出張先でどうやって接続するか分からないんです。
10日ばかり会社を開けますので、
帰ってきて机の上に仕事が山積みになっていたら更新はお休みするかも・・・
それ以前に私の机がなくなっていても更新はお休みです。
というよりこりゃ、解雇か!?なんで??

たかが出張くらいで更新を休んでしまうような、前近代的な五橋HPですが、31日の更新をお楽しみに。

OH!MISTAKE【344杯目】

2002年10月18日(金)

大変申し訳ありません。
昨日の更新を忘れていたようです。
なんででしょ?

本来なら今日は盛りだくさんの内容で皆様を満足させなければならないのですが、
OSAKEテラピーの段取りが・・・

OSAKEテラピーの様子を来週更新することでお許しください。

昨日のミステイクと今日の短い更新。
本当申し訳ないです。

あれから何年の時が経ったのだろう【343杯目】

2002年10月16日(水)

昨日の「白鴎天を探せ」が大反響です。
正解率もそこそこで、白鴎天の知名度の高さがうかがえます。
ありがたいことです。

ところで、昨日ふと思ったのですが、今年も残すところ70日あまり。
時の経つのは早いものでございます。
気がつけばOSAKEテラピーは明後日に迫り、
蔵入りは再来週(28日)
11月になれば仕込が始まり、
12月上旬には新酒が搾り出される・・・

となると2003年、平成15年の到来ですぞ。
平成に変わった頃の記憶の新しいまま15年もの月日が経ったんですねぇ。

これだけ月日が経つのは早いですが、早く過ぎて欲しいときには遅くなるようです。
五橋ファンの方はすでにご存知でしょうが、
五橋は純米酒を岩国市内の、とある洞窟に貯蔵しています。
この熟成酒を早く皆様にお届けしたい!
でも時間が経たないと出せないし・・・

kotyuu.jpg

でも、ご安心ください。古酒にご興味のある皆様にとっておきの情報が!
上の写真は純米吟醸の9年古酒。(製品倉庫内で熟成させたものです)
特にネタが無かったものですから、無理やり古酒の宣伝にしてしまいました。申し訳ございません。
 

白鴎天をさがせ!【342杯目】

2002年10月15日(火)

先週末に広島の西条で行われました「酒祭り」に行ってまいりました。(プライベートですが)
その中の試飲コーナーの様子が左の写真です。

2002.10.15.jpg


五橋の熱烈なファンの方なら、
この中のどこに五橋の商品が置いてあるかお分かりでしょう。
何の商品かも分からないまま探すのも酷でしょうからヒントを。
ズバリ!純米辛口「白鴎天」でしょう!

この小さな写真の中から見事「白鴎天」をお探しの方、
こちらにメールください。(白鴎天を探せ係)
私のほうから、「おめでとうございましたメール」を返信いたします。
ただ、いつまでも受け付けて入られませんので、今週いっぱいということでお願いいたします。

酒祭りには二日間で22万人もの方が来場されたとか。
私も初めて参加したのですが、すばらしい会です。
なんと言っても、真昼間から老若男女問わず、日本酒を飲んでいるっていうのがすばらしい!
中にはビールを飲んでる不届き者もいましたが、その後には日本酒を楽しまれたはずです。
めでたし、めでたし。

で、私は車で行きましたので、もちろん一滴も飲んでません。
「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」です。
飲まないなら行くな!何しに行ったのやら・・・

仕上げをごろうじろ?【341杯目】

2002年10月11日(金)

OSAKEテラピーまで残すところ一週間となりました。
諸準備を進めていくのはいいんですが、なにぶん初めてなものでなにをしていいのやら・・・
13年の4月に始めて開催した酒肴三昧も、
手探りのままで始めて無事(?)二回終わってますからなんとかなるんでしょう。(たぶん)
このページをごらんの方で、OSAKEテラピーにご参加くださる方、あらかじめ謝っておきます。
満足していただけないかも・・・

2002.10.11.jpg
 

考えてみればここ2年の間で3回もイベントを行うわけです。
しかも全て白紙の状態から。
大変ですねぇ。イベントって。

こうして考えると、
先週の「ふくと地酒の会」のトーヨーさんのご努力には頭が下がります。

こんな愚痴を書き綴っているのもネタがないから。
こんな私の努力にも頭を下げていただいて・・・

五橋の日を定めよう!【340杯目】

2002年10月10日(木)

今日は10月10日、少し前までなら「体育の日」などというわけの分からない祭日(祝日?)でした。
ハッピーマンデーとかいうわけの分からない政策(?)のおかげで、
体育の日は無くなり、何のことやら分からないまま3連休を迎えるわけです。
ありがたいやら、わけ分からんやら。

で、今月の蔵元だよりにも少し書いたのですが、今月の1日はなんと日本酒の日なんです。
だからといって何があるというわけでもなく、ただ定められているんですね。
こういう書き方をすると、日本酒の日に対してなにか不満があるのかと思われてしまうでしょうが、
特にそうではありません。
でも第三者(業界外の人という意味)に啓蒙しないのであれば、日本酒の日を作る意味がありません。
ちなみに11月1日は焼酎の日ですが、これもほとんどの人が知らないはずです。

マンガの日を制定しようという動きもあるようですが、
そんなわけの分からない日が制定されるのであれば「五橋の日」を定めましょうぞ!!
と、声を大にしていいたいのであります。
とりあえず、来年5月9日を五橋(ゴキョウ<ゴキュウ)の日にすべく今日から活動しますので、
賛同される方はこちらに励ましのメールをください。
5万人くらいのメールが集まれば国会に提出できるかもしれません。
立ち上がれ!五橋ファン

正しくは立ち上がってくださいませ。五橋ファンの皆様というべきです。
 

刈り取りを手伝いました【339杯目】

2002年10月 9日(水)

山田錦の刈り取りでございます。
今日は製造社員3人と私の計4人が参加。
山田の田んぼを荒らしてまいりました。

2002.10.9.jpg2002.10.9 (1).jpg

で、左の写真が前回のイセヒカリ刈取りにも参加した村上君。
かなり手馴れた様子でコンバインを操り、田んぼを縦横無尽に走るその姿は、伊陸のシューマッハ。
ベストラップは1分28秒55(非公式記録)です。

で、右の写真が今日刈り取られた山田錦です。
写真の撮り方が悪かったようで、何のことやら分かりません。(すみません)

山田錦の稲刈りもほぼ終わり、11月上旬の等級検査を待つばかりです。
今年のできは如何ほどなのでしょう?素人目には良いできに見えるのですが・・・
結果は神様と検査官のみが知るといったところでしょうか。

ブームは寂しい【338杯目】

2002年10月 8日(火)

OSAKEテラピーを10日後に、
日本名門酒会の東京大試飲会を8日後に
福岡での試飲会、神戸の試飲会・・・
なぜにこんなにイベントごとが続くのでしょう。(私がすべて行くわけではありませんが)

10月に入りボチボチ本番という感じでしょうか、ありがたいことです。

ところで、晴るるの調子が良いようです。
KRYで放送されたことが一因でしょうが、ブームだけで終わってしまったのでは寂しいです。
MADE IN 山口の酒ですから、ぜひ山口県民で飲み干しましょう。
よろしくお願いいたします。

haruru.jpg

本来ならあれこれダラダラかきたいところですが、申し訳ないです。
ちょっと時間に追われて・・・

落ち着きましたらあんなことや、こんなこと、そんなことまでも・・・
お楽しみに。
 

ふくと地酒の会【337杯目】

2002年10月 7日(月)

10月5日に下松のスーパートーヨさんにて
「ふくと地酒の会」が開催されました。

昨年に続いての開催で、50人の定員をオーバーした61人(だったはず)のお客様がご来場されました。

2002.10.7.jpg

左がそのときのメニューです。
このほかにもふくちりやふく雑炊など・・・さすが山口県です。


ふくの調理をされたのは青木ふくさん
全国的にも超有名なふくの権威です。

2002.10.7 (1).jpg


左が今回ご参加されたお客様。
推定年齢(月齢?)4ヶ月の赤ちゃんもふくをガツガツと(食べてません)

私たちはお酒を注ぐばっかりで、ふくは一口も・・・

ふく食べたかった・・・

 

全国放送ですが・・・【336杯目】

2002年10月 4日(金)

KRYの取材について昨日書きました。
今日オンエアーです。
というより、すでにオンエアーされました。11:40のことです。
ぎりぎりで連絡が入ったものですから、慌てて会社のテレビをつけましたが、途中からしか・・・

しかし慌てないでください。
18:20からのプラス1やまぐちでも放送されるとのこと。
良かった良かった。
このページを18:20以降にご覧になっていらっしゃる方には(もうワンチャンス)
前回のSHUAWAの時には翌朝のニュースでも放送されたといいますから、ご安心を。
(オンエアーはないかも・・・)

「KRYじゃ、山口県民しか見れんじゃーん」とお嘆きの貴方。
じつはBS日テレのNNN24というニュース番組でも放送されるとのこと。
全国番組です。
ただひとつ問題は、BS日テレってどのくらいの人が見るんだろう・・・

 

芸能人にはなれません【335杯目】

2002年10月 3日(木)

昨日山口放送さん(KRY)が「晴るる」の取材に来られました。
「地産地消」をコンセプトに掲げた商品ですから、
地元のテレビ局さんにとってはニュースになりやすかったのかもしれません。
オンエアーはまだ未定ですが、「晴るる」を県下に知らしめる絶好のチャンス。
もっとも、この五橋HPで世界中の人に発信してはおりますが・・・

同時に地元のケーブルテレビ局(アイキャン)でも取材を受けております。
こちらはOSAKEテラピーの紹介でした。
ここのところマスコミ関係への露出が多くなってきましたが、テレビに出演するというのは大変なことです。

今回はKRYさんに社長、アイキャンさんに女性社員二人が登場していますが、かなり緊張したようです。
かく言う私も一年前ほどですが、SHUAWAの取材でKRYに出演(ニュースです)したことがあります。
ニュースですから特別原稿(セリフ)がないんですよね。
なのにインタビューだけは普通にすすんでいく、頭を真っ白にしながら適当なことをしゃべるわけです。
あのときばかりは芸能人ってすごい人種なんだと考えたものです。

このページをごらんのテレビ関係者の方。
お酒関係の番組があれば出演しますよ。お願いします。(ギャラもよろしくお願いします)

 

話題の(?)ローフード【334杯目】

2002年10月 2日(水)

今日は10月2日で10・2(トーフ)の日。
というわけでもないんでしょうが、今朝の某テレビで「ローフード」というのを放送していました。
五橋が数年前から取り組んでいる(まだ?)スローフードとは違います。「ローフード」です。
途中から見ましたので、正確には把握していませんが、
火と油を使わないで料理する食べ物のことをいうようです。(少し違うかも)

取材を受けていた人が言うには、
「他の動物は加熱調理をしないでしょ、人間だけが火を使って調理している。火を使わないのが自然だよ。」
みたいなことを言っているわけです。

じゃあ、あなた服を脱ぎなさい。
フォークやスプーンは使わず手で食べなさい。
家に住まず林の中で眠りなさい。

どうもこういった胡散臭いものに対して批判的に見てしまうんで、
ついこう思ったんですが、ただの流行でしょうね。

「ローフード」の料理というのも映像で2、3見ました。
まずはスパゲティー。麺の替わりに細切りにした何かの野菜(忘れました)
そして、手巻き寿司。米が炊けないわけですから、ご飯の替わりにアボガド。

なにやら最近流行の奇食の類のようです。
こんなことがアメリカでは流行っているようです。
「ローフードのおかげでやせたわ」なんて言っている女性もいましたが、
ただの栄養失調じゃないですか?(そんなことはないです)
開国して間もない国ですから、他国に比べて食の文化が育ってないんでしょうけど、
どうしたもんでしょう。

もっとも、我が国はその国ファーストフード大好き国民なのですから、始末が悪いです。
食が乱れると国が乱れる。
食が乱れると大ショック(食)なんちゃって。
 

気分を新たに新年度【333杯目】

2002年10月 1日(火)

今日から新年度でございます。
そして秋。
おかげさまで月初めの今日は目いっぱいのご注文をいただいております。
ありがとうございます。

しかし今日は相変わらずのネタ切れ。
新年度を飾る派手な更新にはなりません。
申し訳ないことです。

しいて言えば、あのOSAKEテラピーをTVで宣伝することに!!
地元のケーブルテレビさん(アイキャン)のご好意で、ご紹介いただけるようです。
ただ心配しているのが、オンエアーまでに定員がいっぱいになっていないかということ。
せっかく放送していただいて、その時点で定員いっぱいじゃぁ、ちょっと・・・
だからといって、それまでにいっぱいにならないのもちょっと・・・
痛し痒しといったところでしょうか。

もう少し定員に余裕があるようです。
10月18日にお時間の取れる方、ぜひご参加ください。

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより