1. TOP
  2. 五橋ブログ
  3. 今日の五橋
  4. 今日の五橋: 2002年8月

今日の五橋

今日の五橋

MADE IN 山口「純米酒 晴るる」登場【315杯目】

2002年8月30日(金)

満を持しての新作発表!!
純米酒「晴るる」が初お披露目です。
来たる9月23日から全国(山口県が中心です)一斉発売されることとなりました。
ありがとうございます。
そしてこのような商品の楽しむことが出来る皆様おめでとうございます。

haruru.jpg
 

「晴るる」といわれても何のことやら分からない方がほとんどでしょうが、
「晴るる」とは山口県が平成2年から開発を重ねてきたお米なのです(食用米)。
確か平成8年に「晴るる」と命名され、平成10年から県内で発売されたと記憶しております。
系統名はなんと「山口1号」!!
山口県が単独で開発した第一号のお米なのです。(嘘だったらすみません)

そして酵母は皆様ご存知の「やまぐち桜酵母」。
こちらは昨年の春に山口県産業技術センターが世界で始めて桜の花から分離に成功したあの酵母。
そしてもちろん醸造は私ども酒井酒造でございます。

原料米、酵母、醸造すべて山口県生まれとくれば、これはまさに地産地消の世界
100%偽りなしのMADE IN 山口なのであります。
山口県の地酒メーカーとしてのスタンスがこういう形で現れたわけです。
もっとも、五橋では原料米はすべて山口県産米。
(厳密に言うと、島根県のあるグループのプライベートブランドがありますので、その商品だけは島根県産米です)
この稚拙なHPの中で何度も書いた地酒メーカーへのこだわり。
適当に材料をかき集めて作るファーストフード的清酒とは思い入れが違います。
いわばスローフード的清酒。

新製品の全貌が明らかになって、すでに首が伸びていらっしゃる方もおられることでしょうが、発売日は9月23日。
もうしばらくお待ちください。

 

「BSE、いわゆる狂牛病」って・・・【314杯目】

2002年8月29日(木)

8月29日はヤキニク(829)の日なのかどうかは分かりませんが、
こういった語呂合わせの**の日というのがよくみられます。
根拠もないし、ただ需要喚起のためだけの**の日なのでしょう。

そんなことはどうでもいいですが、焼肉(牛肉)の消費量が約80%まで回復したそうです。
おめでとうございます。
狂牛病に端を発した今回に牛肉危機は、まさに国策が生んだ負の産物。国政は腐の産物。
あまり悪口ばかりか書くとしかられるんですが。

これまたどうでもいいことですが、マスコミ各社は決まって
「BSE、いわゆる狂牛病の・・・」と言います。
あれは放送協定でもあるんでしょうか?
狂牛病という響きがマイナスイメージを与えるからあえて「BSE」と言ってるんでしょうが
わざわざ言い換えるくらいなら最初から言う必要なんてないんです。
テレビを見ている人に分かりやすく伝えるのがメディアの仕事のはずなのに、
わざわざフィルターにかけて、分かりにくくする。
だけどBSEでは伝わらないから、結局狂牛病って言っちゃう。

今日は私は昼休みの電話当番ですから、一時間かけて更新することも出来るんです。
だけど、ネタがないがためにわけの分からない愚痴や、社会への不満を更新に・・・
よろしくないです。
明日は8月最後の日(営業日)
明日はすっきりした更新にしたいと思いますので、楽しい事件(出来事?)が起こりますよう。
 

オプチミスト【313杯目】

2002年8月28日(水)

新商品の誕生を26日に匂わせました。
五橋クラブ会員の皆様だけに先行でご紹介した旨を書いたために、
ずっと途絶えていた五橋クラブへの入会希望者がちらほらと・・・
結成してまだ3ヶ月ほどの五橋クラブですが、
すでに存続が危ぶまれるほどの少ない入会者・・・

五橋クラブのページであまりにも卑屈な文章を書いたためでしょうか。
とはいっても、誇大広告的な誘い文句を書いてもしょうがないし、
まぁこの位が五橋らしくていいのかなと思いながら、
本日5000人目の会員様に五橋クラブご登録のご案内をしたとかしないとか・・・

もっとも、アクセス数があの程度ですから会員様が何千人とかいくわけがないんです。
大手さんでは大量の顧客データが流失したとか騒がれていますが、
五橋クラブは安心  !(・v・)!
もれても少量(少量でもいけません)

嘆くべきことを喜びに帰る私、オプチミストなのであります。


 

本物と偽物の差【312杯目】

2002年8月27日(火)

会社の状況を特別に提供できないまま、だらだらとした更新が続いております。
おかげでアクセス数も微減。
私の更新に対する意欲も微減・・・いやいや、そんなことじゃいけません。
今日は取っておきの内容で「今日の五橋」更新を・・・できません。

昨日のテレビ番組でやっていましたが、冷凍食品ってすごいんですね。
まぁ、米を洗うのに洗剤で洗う娘さんがいる時代ですから、
レンジで温めるだけの食品は重宝されるんでしょう。
ただ温めるだけでおいしいものが食べられるなんてそんなおいしい話が・・・あるんですねぇ。

京都のどこぞの老舗のコロッケを冷凍で、
結構近い味が出来るみたいです。んー、大企業恐るべし。
そういえば行列の出来るラーメン屋の味をインスタントラーメンで再現したりしていますが、まさにあの感じ。
いったいどうなっちゃうんでしょうね。

近い味を作ろうとすればそれなりに努力されるんでしょうが、
クローン羊を作っているようなもので、なんといいますか神への冒涜じゃないですが、んー。
もっとも、それだけの味を自ら作られた方が業者に協力するわけですよね。
自分の名前が使われて、それが大量生産商品として日本中にばら撒かれて・・・

おそらくそういう形で作られた冷凍食品は、
そこら辺の奥さんが作られたものよりおいしく(失礼)なっていると思います。
ですが、所詮偽者はあくまでも偽者であって、
それを知っていながら購入される消費者がいて・・・

最近はアマとプロ、本物と偽者との差がなくなっているんだそうです。
確かにテレビではプロ顔負けの歌唱力を持った素人さんもいるし、
今回のように本物の味に極めて近い冷凍食品もある。
何がなんだか分からない時代です。
そういえば最近では警察と泥棒、政治家と詐欺師の差もなくなっているようで。

新聞によりますと【311杯目】

2002年8月26日(月)

新聞によりますと(昔のテレビ番組みたいですが)、
道路満足調査というもので、我が山口県が堂々の一位になった模様。
まぁ、7人もの総理大臣を輩出した県ですから、道路整備率が高いということなのでしょう。
総理大臣が出たから整備率が高い。
まさに利益誘導政治の賜物です。
これからはそういう政治も少なくなるんでしょうから、まさにやったもの勝ち。ありがたいことです。
その中で岩国市は14市の中で渋滞率が最高ということです。
いまいち私が道路状況について満足できていないのはこの辺りが原因でしょうか。

というわけで、道路満足度の高い山口県民のためのお酒が出来ました。
こういう書き方をすると、「他県の人は飲んじゃいけないの?」と言われそうです。
そんなことはないんですが、できれば山口県の皆様が消費していただいたほうがよろしいかと。
地産地消という言葉もあります。
そういった商品です。
まだその商品についてはここでは書きません。
なぜかって?
ただもったいぶっているだけです。(五橋クラブの会員の皆様はすでにご存知なのですが)
9月1日の更新で大々的(でもないですが)にご紹介いたします。
乞うご期待。

 

ハイソのマナー【310杯目】

2002年8月23日(金)

ただいま出張から戻ってまいりました。
今回の出張は「第28回夏期酒造ゼミナール」なる講習会でありまして、
日本酒造組合中央会中国支部主催のものなのであります。
確か昨年のこの時期にもこの講習会のことを書いたように記憶しております。
熱心な五橋HPファンの方も記憶されていらっしゃることだと思います。

今回も、になりますがこういった講習会などに出席して、うんざりするものがあります。
大体こういう会の冒頭には
「携帯電話のスイッチをオフにするかマナーモードで・・・」などと注意事項が言われるわけです。
そのように対応すればいいんですよ。その場で。
講義の最中にあちらこちらで聞こえるわけです。ピロピロピロピロ。
今回のこの講習会は基本的には経営者または経営幹部を対象にしています。
(基本的にとかいたのは私のような平社員が行くという例外もあるから)
いってみれば社長様方ですよ。
あるいは社長様のご子息とか。
言葉が適当かどうか分かりませんがいわゆるハイソな方々。
電源ぐらい切ってください。常識が疑われます。

電車の中で大声で話す女子高生と変わりませんです。
むしろ、社会的地位があるぶん始末が悪い。

出社早々思いのたけを切々と書き綴った「今日の五橋」でありました。

1日社長にモーニング娘を【309杯目】

2002年8月21日(水)

昨年に引き続いて今年も「せんせいの社会体験研修」というのが行われています。
最近「今日の五橋」をご覧になり始めた方には、何のことかわからないかもしれません。
分かりやすく言うと、山口県内の学校の先生が企業に体験研修をするというものです。
今年は市内の小学校の先生が研修にいらしています。

しかし夏休みだというのに学校の先生も大変ですねぇ。
縁もゆかりもない企業に派遣されて、体験研修。
まぁこのことで、授業に幅が出たりすれば生徒さんたちにとってはよいことで、
長い目で見れば将来の日本のために・・・
そこまで大げさなことではないんでしょうが、とりあえずこんなことが行われているのです。

体験とは少し違うのでしょうが、たまにテレビや新聞等を見て思うこと。
子供やアイドル歌手が一日警察署長とか、一日駅長なんていうのをやっています。
厳密には全権限を委譲するわけではないでしょうし、
ただのPR活動程度のものでしょうから深く考えなくてもいいのでしょうが、
子供やアイドルに勤まる仕事なのか?というのは疑問です。

一般の会社において一日社長とか、一日総務部長とかっていうのはありえません(たぶん)
アイドル歌手なんかを呼べば絶好のPRなのでしょうが、ここら辺が企業の厳しさなのでしょう。
(五橋の一日社長にモーニング娘とか来たら、ものすごい騒ぎになるでしょうね。)
国民の命を守る警察署長はアイドルに務まって、会社社長はアイドルでは出来ない。
こんなことを書くと警察からしかられそうですが、
新潟では飲酒した上、マージャンをしながら部下に指示を出していた署長さんもいらっしゃるくらいですから、大目に見てください。

明日は出張のため、更新をお休みいたします。
金曜はタイミングが合え更新いたしますのでお楽しみに。

台湾では五橋が人気?【308杯目】

2002年8月20日(火)

私たちがお盆休みを過ごしていた4日間。
ひそかに仕事をしていた社員がおります。
8月16日付けの朝日新聞の経済欄に記事が載っていましたので、
ご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。
台湾での試飲会です。

今年台湾がWTOに加盟して、輸出が可能になった旨は以前ご紹介いたしました。
1月、6月と私が行ってきたのですが、
素行の悪さがたたって、今回はメンバーからはずされてしまいました。残念。

というわけで今回は製造課長が行ってきたのですが、
課長の出張報告によると、「五橋が一番人気があった」とのこと。
ありがたいことです。

もっとも、新聞に記事になるほどのイベントだったわけですから、
かなりの方が来場されたことだろうと思います。
お盆休み返上で台湾出張に行った製造課長と、
製造課長の相手をさせられた台湾の皆様お疲れ様でした。

 

国政の効果に疑問符を【307杯目】

2002年8月19日(月)

4日間の盆休みを無事に終え、今日から仕事再開です。

今年からでしたか、高速道路ではETCなるものが導入され、渋滞緩和が図られるはずでした。
しかしあいも変わらず、大渋滞。
国の政策っていうのは所詮こんなものです。

国の政策がこんなものといえば、
今年も好天候のおかげで大豊作のようです。
作況指数は現時点で102の予想。
国内で数少ない自給率100%可能な作物ですから、国民の喜びはひとしお・・・というわけにはいきません。
米の値崩れを防ぐための青田刈りが今年もすでに行われました。

不作になれば外国から米を買い、
米あまりの現在でもミニマムアクセスなる名目で外国から米を輸入しています。
買う必要があるのか、ないのかは私には分かりませんが、
食に関してはあまりむやみに輸入に頼らないほうがよいのではないかと思います。

それこそ、最近の中国野菜の問題、ちょっと前まではアメリカからの農作物のポストハーベストの問題、
命にかかわる問題なのですが、国はあまり関心が無いようで。

盆明けから切ない日本を憂う「今日の五橋」でありました。

お盆前に気合を入れて【306杯目】

2002年8月14日(水)

明日から五橋はお盆休みに突入です。
15~18日の4日間のお休みを満喫いたします。

ところで「グルメ大国日本」の呼称が誇大広告であったという事実が判明いたしました。
(昨日今日のことではありませんが)
某ファーストフード店が59円に価格を下げたことで売上及び来店客数が激増のようです。
味でなく、価格で動く。
まさに非グルメ大国。
「スローフード」を旗印に掲げる(そんなオーバーなものではありませんが)五橋としては、
この状況は憂うべきことだと思います。(私見かもしれませんが)

バブル景気に浮かれ、高級食材を買いあさっていたのはついこの間のこと。
今では安い食材に群がるような状況です。
「高いものは美味い。安いものはまずい。」
高楊枝でそんなことを言い放っていた時代はいったいなんだったのか。
まぁ、結局は仮面がはがれただけのことなんでしょうが。

前にも書いたことがあるかもしれませんが、
某民放放送で、20万円ほどの高級ワインと2000円ほどのテーブルワインとを目隠しで飲み比べて、
どちらが高いワインかを当てるというコーナーがありました。
出演者がよく口にしていたのが、「飲みにくいほうが高いワイン。飲みやすいほうが安いワイン」のセリフ。
結局、正解率は低かったように記憶しています。
価格差なんと100倍!!
それでも味に差はありません。

同コーナーでワインの代わりに日本酒で同じことを一度だけやりました。
石川県の蔵元の大吟醸酒と、生もと(漢字が出ません)で有名な福島県の純米酒。
商品設計が全く違いますのでどちらが美味いまずいを評価するのは全くナンセンスですが、
出演者5人全員が大吟醸のほうを高いお酒だと言い当てました。
やっぱり分かるんです。
それ以来日本酒がこのコーナーに登場することはありませんでした。
酒質の違いが明確に判るんですから。
番組としては味に大差ないワインのほうが面白かったのでしょう。

あの番組でもグルメ大国の仮面が見るも無残にはがされていましたが、
どうせ味が分からないんだったら、味に明確な差がでる日本酒を楽しまれるほうがいいのかもしれません。
幸か不幸か日本酒には20万円とか100万円もするような商品はありませんので、お買い得なのでは?
(特殊商品で、容器が高いため数十万円する商品はあるようですので念のため)

ということで明日からお盆休みです。次の更新は19日。お楽しみに。

お盆でやんす。【305杯目】

2002年8月13日(火)

お盆でやんす。
今朝も昨日に引き続き、渋滞予想をテレビでやっていました。
明日まで仕事の私としては、「なぜこの時期に渋滞なのか?」と。
ひがみにも似た気持ちで出社してきたわけです。
帰省の影響か(?)五橋HPのアクセス数も下降気味のようです。

ところで、今年も昨年に引き続いて錦帯橋の架け替えが行われます。
地元の方じゃないとちょっと分かりにくいかもしれませんが、
いわゆる横山側(写真でいうところの向こう側)の2つを架け替えします。
昨年の第3橋(真ん中)の架け替えでは、観光客が前年比100%を超えたとか(正確な数字を忘れました)
今年も岩国市政は柳の下のドジョウを(失礼)期待していることでありましょう。

 2002.8.13.jpg

考えてみれば岩国市は観光地でありながら、いまいち見るところがないようなちょっとさびしい観光地。
50年に一度の架け替え事業をこういうふうにPRに使うというのは、なかなかの知恵。
そもそも江戸時代に錦帯橋が作られたときにはほんの数ヶ月で作られたわけです。
今の機械化による省力化を考えれば、あっという間に出来そうなのですが、
そこをじわじわ・・・と。
牛歩戦術的岩国市政。
皆様、夏休みの家族旅行にはぜひ、岩国市をご指名ください。
そして岩国の夜は清酒五橋で乾杯!!なんていかがですか?


 

もう帰省ラッシュ?【304杯目】

2002年8月12日(月)

今朝のテレビによりますと、お盆の帰省ラッシュが始まっているとか。
関越自動車道では50キロの渋滞予想が!
人が仕事をしているこの時期に、すでに帰省ラッシュとは!!ぬぬぬぬっ!

山口県へ帰省された方が山口土産といって、五橋を買ってくださるのでしたら帰省万歳です。
また、山口県から他の都道府県へ帰省される方が、山口土産に五橋を買ってくださるのもOKです。
しかし、帰省にはまだ早いんじゃありません?
今日はまだ12日。
月曜日の今日からラッシュが始まったということは、土日もあわせて何連休?
まさか10~18の9連休じゃないでしょうねぇ。
うらやましいことでございます。

いつだったか書いたことがありますが、私どもは製造業でありますが、
間接的(直接的?)にはサービス業(小売業)につながっているわけです。
デパートやコンビニが盆も正月もないように、
私どもも盆や正月だからといって休んでいたのではいけないのでしょう。
と、自らに言い聞かせながら、来たる盆休み(15~18)に向けて今日もお仕事なのでございます。

お盆休みに親戚一同が集まられるときには、ぜひ五橋で一献酌み交わしてください。

足並み揃えて【303杯目】

2002年8月 9日(金)

昨日でしたか、新聞紙上に「発泡酒値上がり」という記事がありました。
これはメーカーが卸に発泡酒をおろすときに1c/sあたり100円程度のリベートを
渡していた制度を取りやめることからの値上げのようです。
これで一本あたり約4円の値上がりになるんだとか。
過当競争に歯止めがかかればいいのでしょうが、
もともと価格訴求商品ですから、値上げになるのは痛いところです。
もっとも、リベートをやめた分値引きをすれば基の価格に収まるわけですから、
某ファーストフードのように、時期が来ればまた値引き合戦になるのでは?
あまりにも穿った見方でしょうか?

しかしひとつ腑に落ちないのが、4メーカーそろってリベート廃止という事実。
これって価格協定?
一社だけが抜け駆け的にリベートを廃止しちゃうと、競争力が落ちます。
それをしないために全社足並みそろえてリベート廃止っていうのは・・・?
難しいことは分かりませんし、他社を否定するようなことを書くと問題がありますんで、
このくらいにしておきますが。
会社の利益を守るために他社と価格の調整をすることは消費者利益を損なうことになります。
単純に4社がそろって発泡酒を30円値上げとか、ビールを50円値上げとかにするのと同じですよね。
新聞にもきちんと価格値上げの理由が書かれていますので、
カルテルとかには抵触しないんでしょうが何か腑に落ちないビールメーカーさんの行動なのでありました。


 

雨の日の思わぬ効果【302杯目】

2002年8月 8日(木)

昨日のちょうちん祭りは残念ながら雨が降ってしまったようです。
ですが、不幸中の幸いとのこのことでしょうか、メインの駅通りのお客様がアーケードのほうに・・・
おかげさまで昨日を上回るお客様に試飲及びご購入をいただいたようです。
ありがとうございました。
また来年参加するようなことがありましたら、よろしくお願いいたします。

ところで、今日から夏の高校野球甲子園大会が始まりました。
この炎天下の下で野球をしていると思うと、高校生のパワーには驚きであります。
社会人野球だったりすると、試合後に居酒屋なんかで盛り上がったりするんでしょうけど、
高校球児にはそれは望めません。
スポーツドリンクででも疲れた体を癒して欲しいものです。

なかなかこのページで会社に関する情報をご提供できません。
やっぱり日本酒と夏が結びつかないのでしょうか。
昔は季節を問わず日本酒が楽しまれていたのでしょうが、時の流れというのは残酷なものです。
お盆を過ぎて、朝晩が過ごしやすくなる頃、「今日の五橋」の本領発揮です。
なんとなく中だるみのような更新ですが、ご了承ください。

 

ちょうちん祭り2日目【301杯目】

2002年8月 7日(水)

昨日は結局ちょうちん祭りにいくのはやめました。
と言っても私が個人で、という意味で試飲販売は行っています。
今朝の新聞によりますと、9万人もの方が祭りに行かれたそうで、
山口市の大きなイベントだということはうかがえます。
テレビやそのほかのメディアでちょうちん祭りの様子をご覧になられることもあるかと思いますが、
本当に幻想的な素敵なお祭りなのであります。
とりあえずちょうちん祭りの風景(去年のもの)をご覧ください。

2002.8.7.jpg

ただ単にちょうちん祭りといってしまうと、ちょうちんだけの祭りに思われてしまいそうですが、
確か正式には「七夕ちょうちん祭り」。
仙台でも同じように七夕祭りが行われておりますが、
同時期行われるのは、旧暦の七夕にあわせているからだそうです。
旧暦のタイミングで行っているということは、おそらく歴史のある、由緒正しい祭りなのでしょう。

おかげさまで昨日の試飲販売会は大盛況だったようで、
SHUAWAは持っていった分は売り切れたようです。
今日ははたして何本持っていけばよいものか。

このHPをごらんの方で、ちょうちん祭りに行かれるといわれる方、
早く浅屋商店様前に行かないと売り切れちゃいますぞ。

山口七夕ちょうちん祭り【300杯目】

2002年8月 6日(火)

突然ですが、今日は山口市内で行われるちょうちん祭りに参加します。
事前告知をしておりませんでしたので、「急に言われてもねぇ」と言われそうですが、
明日もありますんでご安心ください。

去年から五橋はちょうちん祭りに参加しておりまして、
ちょうちん祭りの幻想的な雰囲気と、五橋のきりっとした辛口がぴったりマッチするようです。(たぶん)
本日提案する商品は本醸造生酒、花ならつぼみ、SHUAWAの3アイテム。
道場門前商店街の奥、中市商店街の浅屋商店様前で店頭試飲販売を行います。

夏を彩るちょうちんに山口の夏の風情を感じながら、山口県の地酒五橋を傾ける。
山口県民最高の贅沢なのであります。
今晩写真をとることが出来れば明日の更新でご紹介いたします。
出来なければ昨年の写真でお茶を濁しますので、ご了承ください。

それでは皆様お待ちしております。
ちょうちん祭りにおいでませ。

日本の夏は日本のお酒で【299杯目】

2002年8月 5日(月)

先週末岩国は錦川「水の祭典」で賑わいをみせました。
錦帯今日では恒例の花火大会が行われ、
約6000発の花火が夜空に打ち上げられたのであります。
この芸術的写真をご覧ください。
錦帯橋の花火大会をご覧になられなかった方たちへの五橋からのプレゼントです。
2002.8.5.jpg
(写真提供:防長新聞社)

などといってみても実は私も行っておりません。(残念ながら)
ここ数年いっておりませんが、毎年かなりの賑わいをみせているようですね。
錦川そばの「かんこう」(旧岩国国際観光ホテル)さんの部屋から見られる方もいらっしゃるとか、
予算に余裕のある方にはおすすめです。

涼しい部屋で高みの見物もいいですが、
祭りの醍醐味はやっぱり出店のにぎわいなんていうのもあると思います。
浴衣姿で綿菓子やリンゴ飴、かき氷なんかを片手に花火見物。粋ですねぇ。
もちろんSHUAWA片手にっていうのもOKです。
日本の夏なんですから、日本のお酒でやっぱ楽しみたいものです。

買って後悔しないものを買いたい【298杯目】

2002年8月 2日(金)

ワールドカップの余波で、Jリーグが人気だそうです。
ワールドカップが始まるまではサッカーなんかには目もくれなかった人たちが、
いまさらながらにサッカー観戦をしているんだそうです。
とはいっても残念なことにテレビ中継はありません。
過去の失敗がありますので、テレビ局も安易にサッカーの放送が出来ないっていうところでしょうか。

先日なんだったかのテレビ番組を見ていましたら、なつかしのたまごっちが出ていました。
流行の悲哀というのでしょうか、今あんなものを持っている人はいるのでしょうか?
買った人はなぜ買ったのでしょう?

欲しいから買うのではなく、流行っているから買う。キーワードはここです。
モノを売ろうと思えば主張もこだわりもいりません。
時流に乗ればいいということだけでしょう。
商品を買っていただこうと思えば、流行ではだめです。
主義主張は当然のこと、品質もよくなければなりません。
数年後かに振り返ってみて、「なぜあんなもの買っちゃったんだろう」って思ってしまうようなもの。
そんなものが多すぎる気がします。
流行に迎合した商品設計がその現況なのでしょうが、モノが売れない時期の悪循環なんですね。

清酒五橋は流行に迎合しない味造りを続けて130余年(1871年創業です)
一世紀以上愛され続けてきた味だって考えれば、
五橋の味ってかなり高尚なもののように思えてきました。


 

勤勉実直が日本の美徳【297杯目】

2002年8月 1日(木)

ここ最近仕事に関する更新があまりないようです。
私が特別仕事をサボっているわけでも、会社が休業しているわけでもありません。
皆様にお伝えできるような特別な動きがないのです。
たとえば今日は上撰の一升瓶の瓶詰めが行われています。
こういう作業はかなり日常的に行われているので、あえて更新のネタにしておりません。
夏に仕込みを行う五橋といえど、
冬の時期のように毎日行っているわけではありませんので、仕込みの報告もできません。
こういった事情から適当なネタで更新をしているわけなのであります。
五橋の最新情報を入手されたいと願ってらっしゃる方には申し訳ないことです。

ところで今朝の新聞にもありましたが、また某テーマパークで不祥事が起きました。
浦安のネズミーランドの集客数を越えた(一千万人到達期間)ほどの人気テーマパークですが、
ここまで不祥事が続くっていうのはどうなんでしょうか?
このページで他企業の批判をすることは適当ではないですから長々とは書きませんが、
食品の虚偽表示、政治家の金銭にまつわる腐敗、有名人の脱税など、
どう考えても今の現状は間違っています。

世の中には「大企業病」なる言葉がありますが、毎日コツコツやっている中小企業と、
強大な力をバックにやりたい放題(すべての大企業に当てはまるわけではありません)と、
戦後の高度成長を支えてきたのは正直、勤勉、努力・・・
今の時代に精神論は古いのでしょうが、
忘れていた何かを思い出すのは今がぴったりのタイミングです。
 

バックナンバー

五橋 -GOKYO-

五橋とは

五橋製造工程

トラタン村

樽OK

五橋ブログ

蔵元見学

イベント情報

メディア掲載歴

蔵元だより